記事を投稿してギフト券をもらおう!

中国の道路事情~車編~上海は色んな車種のオンパレード?

今年建国70周年の中国は、国慶節に盛大なイベントが執り行われたようですね。年に2回しかない大型連休なので、日本人駐妻さんも国内旅行や海外に行かれている方も多いのではないでしょうか?

普段は渋滞する道路や通勤ラッシュの地下鉄やバスも、連休中は少し緩和されていることと思います。

今回は、中国の道路事情として、車にスポットを当ててみたいと思います。

中国のナンバープレート

日本は車を買う時にナンバープレート取得に費用はかからないですし、好みの番号を指定する費用も5000円未満だったと思いますが、中国では、車体代金以外にも、ナンバープレートの取得費用がかかります。

取得の仕方は、省によって全く異なり、上海は、オークション形式となっています。そのお値段が驚愕で、2019年9月の落札価格は、なんと89600元(約139万円)( ゚Д゚) 車がもう1台買えそう・・・

ナンバープレート発行枚数8920枚に対し、入札者は、149507人。

落札できる確率がたったの6%だったそうです。

過去には、90000元(約140万)越えの落札価格もあったそうですが、どうしてそこまでして、ナンバプレートにお金を掛けるのか?

理由は、3点考えられます。

まず1点目は、新車のナンバープレートの発行は、毎月決められた数しか発行できないから。

必然的に価格競争が起きる。もう負のスパイラルです・・・

そして2点目は、中国人は、縁起のいい数字には、お金を掛けてでも手に入れたい傾向があるから。

特に「8」という数字が縁起がいいとされていて人気です。携帯番号の売買も「8」が入った番号は、高値で取引されています。

そして、3点目は、上海ナンバーが欲しいから。

上海市では、年々増加する車両の渋滞緩和のために、数年前から他省ナンバー車両の通行制限をしています。

中国人ママのベンツも上海ナンバーです

上海ナンバーは、ナンバープレートに『沪』という漢字が使われています。
他省のナンバープレートでは、時間帯によって高速道路に進入できないので、上海市に住んでいるなら、上海ナンバーが欲しいのは当然です。

上海ナンバーにこだわらない人は、地方のナンバープレートであれば、もっと安くで購入できるそうです。

駐車場代

車が増加することで、渋滞問題だけでなく、駐車場の確保も大変で、マンションの空きガレージがあると争奪戦のようです。

またショッピングセンターや百貨店にある駐車場は、日本だと、〇〇円以上購入で2時間無料や、最初の1時間は無料。などと無料になるシステムがありますが、上海市内の駐車場では、購入金額にかかわらず無料になることはないそうです。最低でも10元(155円)はするらしく、この辺りは意外にも日本よりシビアだなと思います。

電子警察の存在

日本では、高速道路にスピードメーターのカメラがあったりしますが、中国は、あらゆる所に電子警察のカメラが設置されていて、常に監視されています。上海だけでもその個数は、2万4000個と言われていて、どこで交通違反してもすぐ映像で証拠が残せる仕組み。その罰金の支払い方法も画期的で、「上海交警」アプリで車両ナンバーと本人確認登録をしておけば、そこから支払うことができるようです。

この監視カメラの設置のおかげで、派手にクラクションを鳴らす車や、

信号無視など、随分交通マナーもよくなったような気がします。

日本の警察の罰金の支払い方法もまだまだアナログですね。

最大積載量は大丈夫?

上海で誰もが1度は目にする光景として、積み過ぎの荷台。その積み方が逸脱で、思わず二度見してしまうほどです。

昨年上海で町の風景を撮影していると、

布団なのか古着なのか、すごい量を積んだおじさんがやってきました。

私は何度も遭遇していますが、久しぶりに見れて嬉しかったです。

ウォーターサーバーの18Lの空きボトルの山積みだったり、空き箱だったり、まるで大道芸のよう・・・

一番すごいと思ったのは、これっ

発砲スチロールの積み荷。

どんだけ積むねん!とツッコミたくなります(笑)

完全に人間の背より高く、相当な技が必要と思われます。これぞ神ワザですね。

このような積み過ぎの荷台は、急に現れるので、写真を撮るのが非常に難しいです。

一生懸命働いている様子がとても伝わってくるので、自分も頑張んなきゃと元気がもらえます。

貧富の差は、道路でも現れる

上海市民の生活が向上し、高級車もあちこちで見られるようになりました。

ポルシェやランボルギーニなんかも普通に走っていますし、ベンツやBMWが走っていても珍しくもなんともなくなりました。

フェラーリのショップも出来ていました。

これらは全て富裕層のステータスとなっています。恐らく上海人のプライドも関係しているのでは?と思います。

そんな中国の大都市が欧米化している中で、貧困層の人達の生活も垣間見ることができます。

こんなにボロボロでも、テープをグルグル巻きにして大切に使う所が、本当の中国人の気質だと思っています。物を大事に使う姿勢が素敵です。

品質が悪くて壊れやすいっていうこともありますが・・・(^-^;

中国の道路事情

電子警察によって、交通ルールが守られ、事件、事故の早期解決に繋がるのは素晴らしいことだと思います。

高値で落札されるナンバープレートは、高級車に乗る富裕層にしてみれば大したことない価格なのかもしれません。

日本人駐在員さん、駐妻さんが実際車を運転することは、ないかもしれませんが、道路や車事情を知ることによって、中国の発展や進化を感じられるのではないでしょうか?

覚えておくと便利な一言中国語

「这条路经常堵车,可以绕行吗?」

「zhè tiáo lù jīng cháng dǔ chē ,kě yǐ rào xíng ma?」
「ジャァティァォルー ジンチャンドゥチャー,クーイーラオシンマ?」
「この道路はいつも渋滞します。迂回できますか?」
タクシーに乗って渋滞に遭遇した時に、使える一言です。

 

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。