記事を投稿してギフト券をもらおう!

【駐妻が伝える】帯同してよかった!アメリカ駐在、5つの理由

みなさま、こんにちは。

アメリカのウィスコンシンにきて2年弱。ようやく少しずつアメリカがわかりはじめた私が、アメリカ駐在をしてよかったことをシェアします!

海外駐在って実際どうなの?と海外駐在を控えてドキドキしている方も、すでに駐在中でちょっと気持ちが落ち込んでしまっている方も。この記事をみて海外駐在を前向きに捉えてもらえたら嬉しいです!

貴重な経験!

アメリカに住む(しかも自腹じゃなく、会社の補助で!)ということ自体、なかなかみんなができる経験ではありません。

家族や友達がいる日本を離れるのは寂しくもありましたし、仕事を辞めるのも仕方がないとはいえ、その後のキャリアを考えると泣く泣くの決断でした。

しかしアメリカに住んでからは、色々な国の新しい友達ができたり、色々な場所に旅行できたり(アメリカ国内はもちろん、南米まで!)と、日本に住んでいてはできない経験をたくさんさせてもらっています。

仕事も、日本に帰国してから考えればどうにかなるだろう!と楽観的に考えられるようになりました。

なんだかアメリカ人に影響されて、性格も更に楽観的に変わったかも?なんて思っています。主人には大感謝です!

 

家族の絆が深まる!

アメリカという異国の地で心から頼れるのは、新しくできた友達ではなく、やはり家族。

アメリカで暮らしていると日々ハプニングも悩みもつきませんが、それらを共有して助け合うことで、家族の絆が深まったことも海外駐在をしてよかったことのひとつです。

 

英語で意思疎通ができるようになる!

最初は、高い言葉の壁にぶちあたり、毎日のように落ち込んでいました。

しかし、ふとした一言でも、英語で言いたいことが伝わったときの嬉しさったらありません!

その嬉しさが「もっと話したい!思っていることを伝えたい!」という原動力となり、今では簡単なことであれば意思疎通ができるようになりました(仕事で武器として使えるまでには程遠いですが)。

日本でも「今年は英語を頑張る。」なんて目標に掲げていましたが、毎年やらずじまいだったのが実情…。やはり、人間追い込まれないとやらないんだな、とアメリカにきて実感しました。

 

お金が貯まる!

 

現実的なところでは、駐在生活をしているとお金が貯まります。(笑)

現地の給料に加え、日本でも給料が支給され、その上各種補助・手当ももらえるなど、かなりよい待遇で駐在生活を送ることができる会社が多いはずです。

日本で二馬力で働いているよりも、海外駐在をすることでかなり懐も潤ってきたのが本当のところです。

 

日本って良い国と気づける!

外国に出てわかる、日本という国の素晴らしさ。

日本で生活していると当たり前と思ってしまっている、日本という国の美しさ。ご飯は美味しい、街はゴミひとつ落ちていなくキレイ、公共交通機関は時間通りに来る。これがアメリカでは、当たり前ではありません。

 

更に海外の人々を魅了する日本文化。

アニメや神社仏閣、日本食など…。自分が思っている以上に、日本の文化というものは海外の人に受け入れられ、広まっていました。

友達のメキシコ人が、急に日本の歌を歌い出したときは笑いました(どうやらアニメの主題歌だったようです)。

とにかく、他国出身の友達に今までにないくらい日本のことを褒められ、羨ましがられますよ!他国の友達に、日本出身ということに誇りを持たせてもらったような感覚です。

 

チャンスがあれば駐在は是非するべき!

旦那さんの駐在についていこうか迷っている方は、是非帯同するべきだと個人的には思います!

海外に行って、今まで直面してこなかった問題や悩みにぶち当たり、精神をすり減らすこともあるかと思いますが、私はそれ以上に得るものが大きいなと実感しています。

皆様の駐在ライフが素晴らしいものになりますように!

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。