記事を投稿してギフト券をもらおう!

ガーナ駐在妻が行った~微妙だったガーナの観光地~

毎回書きますが、ガーナは観光資源が少ないです。

そして、ガーナは急に祝日が5日前とかに発表され、「えっ今週3連休やん!」と

ありがた迷惑なことが起こるため、「近場ですぐ行けるところ」を探します。

 

そんな状況下で、「どっか、いかないと!」と急いで行ってしまった

せっかく行ったけど私的には「しょぼかったな・・・・」という場所の話です。

では、さっそくどこかというと・・・・・

 

アブリの植物園 Aburi Botanical Garden

ここは首都アクラから車で1時間程度の場所にあります。

アブリという町は、アクラからだと渋滞がひどいマディーナを通りN4ロードを使って、山を登っていきます。

植物園に近づくとN4ロードから外れて小道に入りますが、植物園への通り道のくせに道が狭い。

車2台通れるかな?という幅に、トラックが駐車しているし~。

そこを抜けると入り口に入りますが、

不愛想なセキュリティに、いきなり挨拶なしで2人で「20GHC」と言われたので、本当かどうか確認のため、まずは料金表を見せてもらうことに。

ガーナ人は大人5GHC/1人で外国人は10GHC/1人。主人と2人なので20GHCと確認しましたが、ドライバーの入場料はいらないのね、と思い、20GHC(約400円)を支払うことに。

入り口から駐車場までは木が綺麗に並んでいて、ここは綺麗じゃんと思いながら、駐車場につくと車がいっぱい。

 

止められそうな場所を探していると、別の愛想の良くない駐車場スタッフに「君たちどうしたいの?」と。

この状況みて何すると思ってんだ笑・・・・・

と思いながら、車を止めましたが、

車が車の前に止まって後ろの車が出れなくなっているので、ドライバーに待機してもらうことに。

植物園前の道といい、この駐車場といい、ここはドライバーと来た方が無難です。

ただ、植物が自由に育っているだけの植物園

車を止めた後、まず気づいたのが植物園の中の案内図が一切ないこと。

 

探しましたが全くありません。

どこから行けばいいか分からず、芝生にはLawn1とか2とか番号が振られている立て看板があるのみで・・・・そもそもLawnはナンバー何まであるのかい??笑

祝日だったので、色々イベントがやっていましたが、イベントって言っても、私たちが参加できるようなものではなく、ガーナ人の集会?みたいなのが爆音でやっていました。

宗教団体か政治団体か分かりませんが、100人くらい集まって皆、手を挙げて盛り上がってて怖かった笑

 

しかし、歩いても歩いても、植物園らしいものがない。アリ塚なんてどこにでもあるやん~。

花も咲いていないし、木は折れたままだし、葉っぱは汚く放置だし。これならアクラでもあるよん。

 

ゴミも落ちてるし、NOメンテ。

 

 

 

何の木?とか、説明がなく、ただ、「木、大きいね~」「変なかたちだね~」と見るだけ笑

いろいろ主人とつっこみながら散策しましたね。

多分、乾期の暑い時期に行くと、涼し~となるのだとは思います(雨期に来たのが失敗か・・・・)

思った以上に残念・・・・・

 

あっ!けど1つびっくりしたのが、百葉箱がガーナにもあること。

中に何もないパターンかもですが笑

ラピュタ????

ここに来る前にGoogleの投稿写真で、ヘリコプターに苔が生えて放置されている写真を見ました。

ラピュタみたいなやつ?と思い、それにも出くわしました。

なんかすごいけど、

なぜここにヘリコプターがあって、苔はやしてるかの説明はもちろんなく。

 

中をのぞくとゴミ捨てられてるし笑

もう~。

 

 

 

こういうの好きな人は、いいかもですよ!

 

 

良かった点を探してみた

批判ばかりなのでちょっと良かった点を並べましたが

 

・園内で売られていたソーセージが、アクラの半額だった

・帰り道、路上でマンゴーを買ったら、めちゃくちゃおいしかった!

このマンゴーは、ガーナで食べた中で一番おいしかった!!!これはびっくり!

4個で20GHC(400円)。

全部ハズレなし!この辺りのマンゴーが良かったのか、店が良かったのか、たまたまか笑

ちなみにお店は、Hillburiというホテルから植物園方向に走って数十秒のところ。2店舗あって、安い方で買いました。

まとめ

やはりアクラから1時間かけてきて、入場料とられてこれかい!という印象。

道中のアクラじゃない町の風景は面白いかもですが。

乾期に来て、ピクニックでシートを引き、虫にはかなり噛まれそうですが、ゆっくりのんびりするという場所にしたら、良いかも。

あとは、どこか行った帰りに寄ってみるとか!

 

ちなみに、この植物園。

奥まで行くと色々境界が不明で、民家に続く壁が壊されていて、普通に地元ガーナ人が行き来してて、フリーで彼らは通っているようです笑

 

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。