記事を投稿してギフト券をもらおう!

タイのコストコ「macro」へ行ってみよう!

シラチャ生活を送っていると、普段のお買い物はMaxvalueかTopsのローテンションになります。

そこにたまにイベント的に加わるのが、今回ご紹介する「macro(マクロ)」です。

シラチャのお隣の町「レムチャバン」にあって少し距離があるので、日常のお買い物に気軽に行く場所ではありません。

そもそも、そんなにしょっちゅう行く場所でもないのです。「タイのコストコ」と聞いてピンと来た方もいるかもしれません・・・。

とにかく魅力満載のmacro!早速ご紹介します!

 

1、macroってなに??

平たく言えば「業務スーパー」です。

近隣の飲食店や屋台などの、業者さんが食材や商材を買いに来る、卸売りスーパーマーケットなのです。その規模の大きさと、店内の雰囲気から「タイのコストコ」と言われています。

巨大な倉庫のような店内に、うず高く積まれた大量の商品達。見ているだけでテンションが上がっちゃいます。

仕入れに来ている業者さんが、大きなカートに山盛りで仕入れをしているのを、憧れの眼差しで見ながら、端から端まで、毎回くまなく店内チェックをしてしまいます。

日本に住んでいるときも、月1、2回コストコに出掛けては、絶対に買わないのに工具の棚まで網羅していた私にとって、macroはちょっとした遊園地☆

もちろん業務用なので、値段が安い&量が多い。夫婦2人暮らしの我が家では使いきることが出来ないサイズ感のものが多いので、実際に購入するものは少ないのですが、それでもmacro通いはやめられない!

そんなmacroの魅力についてご紹介します。

 

2、スーパーで買うと、高すぎて手が出ない物がお買い得

macroで取り扱っている商品は、野菜・肉・海鮮・調味料・飲料・加工食品・冷凍食品・お菓子・商用パッケージ・調理器具・調理家電ete・・・とにかくありとあらゆるものがあります。

そんな中、私がmacroで必ず買うモノの中に、シラチャのスーパーだと「高くて躊躇してしまうモノ」があります。

例えば、アボカド。スーパーだと輸入物の扱いのみで1個90~100baht(約350円)もするので、簡単には買えません・・・。

でもmacroだと1個69baht(約240円)。更にタイ産アボカドは1個分の値段で1㎏買えてしまうんです!

スーパーではほとんど出回っていないタイ産アボカドはmacroで必ず買う一品です。

そして、グレープフルーツ!!

実は私、日本に住んでいる頃は、それこそコストコで大量にグレープフルーツを購入して1日に2個ペースで食べていました。一番好きな果物はグレープフルーツです!

でも・・・タイに住んでからというもの大好きなグレープフルーツに出会えない。

ごくたまーっに出会えても1個250baht(約860円)とか、高嶺の花・・・。千疋屋ですか・・・。

そんなグレープフルーツがmacroならあるんです!1㎏99baht(約350円)で!!残念ながら期間限定で、いつ売られているのかは時の運ですが、見つけたらとにかく買い占めます。

そんな個人的な「好き」を満たしてくれる商品ばかりではなく、皆様のお役に立つ情報をお伝えするならば「長芋」や「マッシュルーム」もスーパーで買うのが馬鹿らしくなる位、お安く手に入ります。

そしてチーズ好きの方!タイ生活で満足するほどチーズを食べていますかー?

タイは世界中から様々なチーズが輸入されて、日本では専門店に行かないと見られないような、本格的なチーズがスーパにたくさん並んでいます。バンコクの高級スーパのデリは圧巻の品揃え。でも・・・

いかんせんお高い。タイは輸入の関税が高いので、輸入品であるチーズはどうしても高くなってしまうんです。

でも、チーズに溺れたい気分の時だってありますよね?

そんな時は迷わずmacroへゴー!!

こちらのモッツァレラチーズは2㎏で750baht(約2600円)程。同じ商品をスーパーで買うとコチラ。

割引されて200g 145baht(約500円)です。なんてお買い得!チーズは冷凍が出来るので、私はいつもこのブロックを買って、切ったり削ったり、いろんな形状にして冷凍保存しています。

量の多さはありますが、保存がきくものや大量に消費するものはmacroで購入するのがおススメですよ。

 

3、macroオリジナル商品が優秀

macroには「aro(エーロ)」という自社ブランド商品が沢山あります。お店に行った時にこのロゴを見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。

調味料からお肉まで、自社で製造・加工している商品なのでとてもお買い得なんです。

コチラのパスタは3㎏で200baht(約700円)。冷凍食品は特に品揃えが充実。

多分コレ、お店で出てくるやつだよね??という商品が沢山あります。私が毎回購入するおススメは

コチラの冷凍ロッティーです。凍ったままフライパンで焼くだけという手軽さですごく美味しいんです。

カレーのお供にも、デザートにもなるお役立ち商品です。

他にもaroブランドは、タイ人にも大人気のものが多数。ぜひ色々試してみてください。

4、macroでお買い物するときの注意点

macroではお肉もお魚もお野菜も、ドーンとそのまま陳列されていて自分で袋に入れるシステムの量り売りです。

店内の各所にビニール手袋が設置されていますが、品切れになっていることもしばしば。もちろん素手で食材を触ることはしませんがトングを使ってもそれなりに手は汚れます。

お肉売り場近辺に手洗い場もありますが、ウェットティッシュの持参がおススメです。

お会計はカートのままレジを通ります。会員証の有無を聞かれますが、なくてもお買い物は出来るのでご安心を。macroではショッパー袋は有料です。赤い袋はかなり丈夫なのでイケア袋並みに大活躍ですよ。

お会計が終ったらレシートを受け取ってカートのまま出口へ。ドア付近にいるスタッフさんにカートの中身をチェックしてもらうとレシートにスタンプを押してくれます。

このスタンプをもらわないと店外には出られないので、必ずチェックしてもらってくださいね。

5、まとめ

macroの魅力が少しは伝わったでしょうか??

業務用なので、どうしても量の問題がありますが、それを差し引いてもお得で充実のお買い物が楽しめると思います。道端の屋台で見慣れた食器が売られていたり、見た事もない巨大なはちみつが売られていたり、店内を散策するのも楽しいですよ。

是非一度遊びに行ってみてくださいね。

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。