記事を投稿してギフト券をもらおう!

【バリ島】ホテルから歩いて行けるかも?!観光地にあるスーパーマーケットをご紹介します。

我が家は最近どこかに泊りがけで旅行に行った時は、夕食をテイクアウトしたり、ホテルの近くのスーパーでお菓子や飲み物を買って夜、部屋でゆっくりすることが多いです。

子連れなので、そのほうがゆっくりできます。

バリ島の観光地にももちろんスーパーマーケットがいくつかあります。

以前ご紹介したローカルスーパーマーケットと売っている物はそこまで差はありませんが、やはり値段が観光地にあるスーパーのほうが少し高かったりします。

今回は、そんなバリ島の観光地にあるスーパーマーケットをいくつかご紹介します。

 

各観光エリアのスーパーマーケット

バリ島のホテルが立ち並ぶエリア、それぞれにスーパーマーケットがあります。

もちろんインドネシア人も利用しますが、観光客のほうが多いスーパーマーケットもあります。

 

クタエリア

TVや雑誌でバリ島と言えば必ず出てくるエリア、クタ。

メイン通りにショッピングモール、ホテル、レストトランが立ち並んでいて、空港から車で10分かからない場合もあります。

そんなクタエリアにはスーパーマーケットがいくつかあります。

 

・ハイパーマート

免税店横のショッピングモールMal Galeria内

住所: Simpang Dewa Ruci, Jl By Pass Ngurah Rai, Kuta.)

・フードマート プリモ クタ

カルティカプラザ通りにあるショッピングモールLippo Mall Kuta内

住所:Jl.Kartika Plaza, Kuta

・カルフール

住所:Sunset Road Building Lt. 3, Jl. Sunset Road, Pemogan, DPS

・グランドラッキー

住所:Jl. Sunset Road No.11, Kuta

・ビンタンスーパーマーケット

住所:Jl. Raya seminyak No.17, Seminyak

・ペピート(クディリ通り)

住所:Jl.Kediri No.36A, Kuta

 

我が家は、時々クタのショッピングモールにしかないお店に行くというかんじのエリアです。

時期や時間によっては渋滞もひどいエリアなのでショッピングモールの開店時間に着くように行って、サクッと買い物をして帰ってきます。

やはり早い時間に行くほうがお店も駐車場も空いています。

 

ジンバラン・ヌサドゥアエリア

空港より南側に位置する比較的落ち着いた感じのエリアで空港から車で約20分。

特にヌサドゥアはインドネシア政府が開発した特別なエリアがあります。

このエリアには高級ホテルが立ち並んでいて、エリアの入り口ではセキュリティーチェックがあります。

以前、APECやIMFのミーティングが開催されたこともあります。

 

・ペピート

住所:Jl. Raya Kampus Udayana, Jimbaran

・ハーディーズ

住所:Jl.By Pass Ngurah Rai No.77, Nusa Dua

・セレ グルメ スーパーマーケット&カフェ

住所:Jl. Wanagiri, Jimbaran(サマスタ内)

 

我が家は、日本から友達が遊びにきてこのエリアに泊まってる時に会いに行くぐらいで、ちょっと買い物にとかちょっとブラブラしに行くエリアではありません。

 

サヌールエリア

空港から車で約45分。バリ島で一番最初にできたホテルがある老舗エリア。

ヨーロッパ系の観光客に人気があります。

 

・ハーディーズ

住所:Jl.Danau Tamblingan No.136, Sanur

 

我が家からは、サヌールのハーディーズは近いので時々行きます。

ここのハーディーズは、日本人オーナーのパン屋さんが入っていて在住日本人にも人気のパン屋さんです。

我が家でも朝食用に時々購入します。

宿泊先で朝食がついていない場合、カフェなどに朝食を食べに行くのももちろん楽しいですが、パンを買ってお部屋でゆっくりするのもいいですよね。

 

・ハーディーズ

住所:Jl.Danau Tamblingan No.136, Sanur

 

ウブド

空港から車で約1時間30分。芸術の街と呼ばれ、絵画や彫刻等のお店が立ち並びます。

バリ島南部の海エリアと違って山エリアのウブドは夜遅くまで空いているお店やレストランが少なく、静かなエリアです。

 

・デルタデワタ

住所:Jl.Raya Andong No.14, Ubud

・ペピート

住所:Jl.Raya Tebongkang, Singakerta, Kecamatan Ubud

 

ウブドの中心部は駐車禁止の場所が多いので、我が家は友達がこのエリアに宿泊していない限り中心部にはあまり行きません。

 

売っている物は?

基本的にローカルスーパーマーケットと同じように日用品、食品等々が売っています。

もちろん生鮮食品もありますが、お店によってはあまり買う人が少ないので品質も…という場合があります。

ローカルスーパーマーケットと比べると、観光地にあるスーパーマーケットのほうが通路が広く、キレイです。

ローカルスーパーマーケットがキレイじゃないという意味ではなく、陳列がキレイだったり、照明が明るかったりと観光地のスーパーマーケットのほうが全体的に明るい印象です。

 

 

観光地のスーパーにあって、ローカルスーパーマーケットーにない売り場があります。

ズバリ!お土産物コーナー!!

観光地にあるスーパーマーケットには必ずと言っていいほど、お土産物コーナーがあります。

売り場の大きさは、スーパーマーケットによって異なりますが、かなり大きなお土産コーナーがあるスーパーマーケットもあります。

石鹸、アロマオイル、ボディスクラブ、ヘアオイル等々がまとまっていていてお土産物を探す際に助かります。

 

長期滞在や駐在、移住の場合は、自分の国の食事が恋しくなりますよね。

世界各国から観光客が訪れるので、輸入食品も観光地のスーパーのほうがそろっています。

もちろん、輸入品なので値段も高いのですが…。

観光地にあるスーパーマーケットでは、品揃えはもちろん日本食スーパーには負けますが、醤油、チューブ入りのワサビ、うどん&そば、めんつゆ、照り焼きソース等の日本の食材が売っています。

また、観光地にあるスーパーマーケットは観光客が多いので比較的英語が通じます。

お目当ての物が見つからない場合は、写真を見せたりしながら英語で聞いてみましょう。

 

いかがでしたか? 私の周りの在住日本人の友人たちは、やはり家の近所の市場やスーパーマーケット、子供の学校の送り迎えの際に立ち寄れるスーパーマーケットで買い物をする人が多いです。

そういう場所で売っていない物がある場合は、観光地にある大きなスーパーマーケットに行ったりします。

用途によって行き先を選んで上手に買い物をしています。

大きなスーパーマーケットにはスーパーマーケット内にフードコートがあったりするので、買い物の途中でコーヒーを飲んだり休憩ができます。

お父さんと子供達はフードコートで休憩してもらって、その間にお母さんが1人で買い物を楽しんでもいいと思います!

 

 

 

 

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。