記事を投稿してギフト券をもらおう!

【現地駐在妻が教える】メキシコのスペイン語学校ってどんな感じ?

メキシコに滞在するにあたり言葉の壁にぶつかります。公用語はスペイン語です。メキシコで英語が話せる人は多くはありません。場所によっては英語は全く通じません・・・

なので自分のスペイン語力を上げるしかないのですが、ここメキシコシティには数多くのスペイン語学校がありますので、どのような環境でスペイン語を学べるのか紹介します。

メキシコ最大規模のスペイン語学校 CEPE

メキシコのUniversidad Nacional Autónoma de Mexico (UNAM)という大学の付属校であるスペイン語学校 Centro De Enseñanza Para Extranjero (CEPE)があります。

まず、UNAMはメキシコでいう東京大学と同じ位置づけで、ラテンアメリカで最大規模の公立大学です。とてつもなく広大なキャンパスには多くの学生が通っており、そのキャンパスの一角に外国人用のスペイン語学校 通称CEPEがあります。

 

CEPEの敷地は緑が多く、木々に囲まれたカフェテリアなどがありとても環境が良いです。カフェテリアには卓球台が1台あり、休憩時間等に学生が卓球を楽しんだりもしています。

CEPEはレベル0~8のスペイン語クラスを提供しています。レベル0があるので、スペイン語が全く分からない人でも受け入れてもらえます。

1コース6週間で、月~金9:00~12:00または15:30~18:30です。午後からのクラスは仕事をしている方々が多いようです。

スペイン語のクラス以外に文法や文化の授業が2つまで取ることができます。これらの受講料はスペイン語クラスの受講料に含まれていますので、2つまでなら追加料金は発生しません。取るも取らないも個人の自由ですが、無料というか受講料にすでに含まれているので何か取った方がお得です。

選択できる追加授業はスペイン語のレベルによって変わってきますが、文法、会話、サルサなどのダンス、演劇、地理、歴史、美術など多岐にわたります。メキシコについてもいろいろ学べますし、スペイン語クラス以外で交流の場を広げる良い機会となります。ダンスや演劇のクラスは学期の最後に発表会も行われていますのでやりがいもあります。

CEPEの学生

CEPEには様々な国の学生がスペイン語を学びに集まります。全体的には日本人を含むアジア人が多い印象ですが、その時に選んだクラス次第でクラスメイトの編成がいろいろと変わってきます。

私が受講したクラスにはアメリカ、ドイツ、ロシア、中国、韓国、インドネシア、トリニダード・トバゴなど国際色豊かなクラスもありましたし、クラスメイトの半分が日本人というクラスもありました。

現役学生の方もいれば、社会人、退職された方など年齢層の幅も広いですので、スペイン語を学ぶ以外にも多国籍の様々なバックグラウンドを持つ方々と知り合えるとても良い場所です。

イベントも盛りだくさん

CEPEでは多くのイベントが絶えず行われています。 各メキシコ行事(独立記念日、死者の日、クリスマスなど)に合わせたイベントや 、その他コンサートやカラオケ大会などもあります。

また、外国語を勉強するメキシコ人との交流の場も定期的に設けられていますので、日本語を勉強するUNAMの学生と知り合う機会もあります。彼らに日本語を教えてあげて、彼らからスペイン語を教えてもらうなんてこともありますので、メキシコ人の友達も出来るチャンスがあります。

CEPEかプライベートレッスンか?

プライベートレッスンの利点も多いのですが、スペイン語を学びながら様々な国の友達も出来るので、特にメキシコに来て間もないうちや、初級のうちはプライベートレッスンよりもCEPEのような学校に通った方が友達もできるし、イベントもたくさん行われているので楽しいと思います。

個人的にはレベルが上がるにつれて、プライベートレッスンの検討もありかと思いました。というのも、CEPEは1クラス最大15名程度の生徒がいます。そして、レベルが上がるにつれてクラスの数が減ってくるので、必然的に1クラスの受講生が多くなります。講師の進め方にもよりますが、一人当たりの発話量は減ってきてしまいます。

例えば、CEPEは一番需要が多そうなレベル3~4は5クラスあるので生徒も分散されますが、レベル5になると急に3クラスに減ってしまいます。受講生も減る想定だと思いますが、中級レベルからこそ発話量が欲しいと個人的には思います。

まとめ

言葉ができなくてもある程度生活はしていける気がします。しかし、言葉が出来るようになるときっと自分の行動範囲も広がると思いますし、ご近所さんと会話が出来るようになったりと世界が広がっていくと思います。

そして何より危険を回避できる可能性が高くなると思います。やはり何も分からないというのは状況判断も遅くなりますし危険ですね。

どの国に行ってもその国の言葉が出来るということは自分にとってプラスになり、マイナスになることはありません。メキシコ生活をさらに楽しく送るためにもやっぱりスペイン語の修得が必須です!

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。