記事を投稿してギフト券をもらおう!

駐在妻オススメ!スーパーマーケットで買えるおすすめのメキシコ土産

旅行に行ったらお土産を買うことが一つの必須課題だと思います。各観光スポットにはお土産屋さんがズラリと並んでいたり、市場にはカラフルでかわいいメキシコ特産のお土産もたくさん売られています。

しかし、地元のスーパーのチェックも欠かせません。食材や飲み物など日本ではなかなか目にすることのない珍しい物がたくさん売られていてわくわくします。

今回はメキシコのローカルスーパーで買えるお手頃なお土産を紹介します。

チョコラテ

私もメキシコに来るまでは知らなかったのですが、メキシコはカカオの原産国らしいです。なのでコーヒーもおいしいですが、今回はチョコレートドリンク「チョコラテ」をご紹介します。

日本ではココアでおなじみですが、ここメキシコでは「チョコラテ」と呼ばれています。ちなみに食べるチョコレートもチョコラテと言います。多くのメキシコ人にも好まれているのが黄色いパッケージにおばあちゃんが目印のネスレ社「Abuelita」チョコラテです。Abuelitaはおばあちゃんという意味です。

一番大きい箱が1リットルのチョコラテが作れるタブレット6個入りで53ペソ (約300円)、粉末状のもので25.5ペソ(約150円)です。メキシコのチョコラテはチョコレートのタブレットを牛乳に溶かして作るのが一般的です。タブレットが結構厚いので溶けるのに少々時間がかかりますので、もう少しお手軽にということであれば粉末状をお勧めします。

ほんのりシナモンを感じますが、甘すぎずとても飲みやすいです。

ポテトチップス

やはりメキシコ。スパイシーなポテトチップスがたくさん売られています。ハラペーニョ味やチリを使ったポテトチップス。日本人には辛すぎるなんてこともありますが、日本ではあまり見かけない味のポテトチップスをお土産にするのは話題の一つになると思います。

数あるポテトチップスの中でも、「Chip’s」のハラペーニョ味 (Jalapeño)はお勧めです。辛すぎて味が良く分からないものや、辛いというより酸っぱいポテトチップスもあるのですが、Chip’sは程よい辛さで、せっかく買ったのに食べられないという状況になる可能性は低いと思います。

私の友達にも食べてもらいましたが、おいしいと言ってもらえました! 辛さが苦手な人には黄色い袋(塩味)をどうぞ。100g 入りで25ペソ(約150円)。

メキシコのお菓子

左:カルーア入りチョコレート 右:テキーラ入りチョコレート

メキシコはカカオの原産国というお話をしました。しかし、多くの方がメキシコと聞いてまずイメージするのがテキーラではないでしょうか。

そんな2つが組み合わさったのがTurinのテキーラ入りチョコレートです。蓋を開けた瞬間にテキーラの臭いがプンプンします。またカルーアミルクもメキシコのお酒です。カルーア入りのチョコもあります。120g 80ペソ(約500円)。

メキシコ原産の2つを同時に味わえるお得な商品です。

 

そしてもうひとつ、アマラント(amaranto)と呼ばれるメキシコ原産のお菓子があります。

見た目は雷おこしです。チョコ味とプレーン味(?)がありますが、個人的にはチョコ味の方がお勧めです。 100g 入りで25ペソ(約150円)。

オアハカ地方のチーズ

ぐるぐる巻きになっているのがオアハカ地方のチーズです。このチーズはメキシコ料理のケサディーヤという料理の他、多く使われています。日本の裂けるチーズの原型とも言われているようです。

市場にも売られているのですが、スーパーで売られているチーズは真空パックされているのでお土産用にはスーパーでの購入をお勧めします。400g 63ペソ(約400円弱)。

味はモッツアレラチーズに似ていてそのまま食べてもおいしいですし、何かお料理に入れてもよいです。もし用意できるなら、トルティーヤ (トウモロコシまたは小麦粉で作られたクレープの皮のようなもの)にハムとオアハカチーズを挟み、フライパンでチーズが溶けるまで熱してから食べてみてください。 ケサディーヤの出来上がりです。

 サルサ・マヨネーズ

スペイン語でサルサはソースという意味です。スーパーには数多くのサルサが売られており、もちろん辛いサルサもたくさんあります。辛いものが好きな人にはぜひ。

お勧めは「Valentina」です。黄色のラベルは辛さ控え目、より辛い物をお求めなら黒いラベルを。370ml 10~13ペソ (約60~80円)。

 

そしてマヨネーズもライム(Limon)、ハバネロ(Habanero)、ハラペーニョ (Jalapeño)、ベーコン(Tocino)、ワカモレ(Gucamole)など本当に様々な種類が売られています。25ペソくらいから (約150円から)。

基本的にこちらのマヨネーズは日本の物に比べて軽い感じがしますが、ライム入りはさらにさわやかな感じです。

また、アボカドを使ったワカモレというサルサは辛いものが多く売られているので、辛さが苦手な人はマヨネーズのワカモレをお試しください。

まとめ

どこに行ってもお土産選びには苦労すると思いますが、スーパーには現地の味をお裾わけできるものがたくさんあります。なので、ぜひスーパーに寄ってみてください。

いいね 0
読み込み中...

1 COMMENT

アバター てぃーる

いろんなサルサソースが並んでいるのにちょっと魅かれました。
冷やしたパスタなんかで試してみたいですね。
しかも60~80円とは驚きの安さです!
日本に住んでてそれくらいの価格で手に入ったらいいのにな~って思うのはわがままですかね(笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。