記事を投稿してギフト券をもらおう!

フィリピンの病院って大丈夫?!インフルエンザでトラブった話

一番心配だったフィリピンの病院事情

フィリピンに来る前に一番心配していたこと。

それは、病院でどの程度の医療を受けることができるのかということです。

日本人の先生はいるの?ひとりで英語で症状を説明するの?保険ってどうなっているの?など、不安は積もるばかりでした。

この記事では、私が現在住んでいるボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)というエリアの病院事情について紹介します。

 

大病院St. Luke’s Medical Center

日本人の駐在員が多く住むボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)にはSt. Luke’s Medical Centerという大きな病院があります。

残念ながら日本人の先生はいませんが、日本人の通訳の方がいらっしゃいます。

病院へ行きたいときは、日本人通訳の方に症状と希望日時を送ると、適切な科を予約してくださいます。

診察当日は、病院内のインターナショナルペイシェントラウンジに行けば、現地スタッフが診察室まで案内してくれ、希望すれば診察中は通訳の方が同席してくださいます。

とても安心ですね!

もし薬が出た場合も、ラウンジで待っていれば現地スタッフが病院内にある薬局で薬を購入し届けてくれます。

至れり尽くせりです。

また、医療費ですが、たいていの駐在員の場合は会社が保険に加入していると思うので、保険証券を持参すればキャッシュレスで受診することができます(加入する保険会社によって待遇は異なると思うので、詳しくは日本人通訳の方に聞いてみてください)。

先生が予約時間になっても来ないなどの小さなハプニングはありますが、基本的にはそんなに心配することなく受診できます。

スムーズではなかったインフルエンザ時の対応

でも、日本のようにうまくいかないことも、やはりあります。

これは私がインフルエンザにかかってしまったときのことです。

高熱が出てしんどかったので、いつものように日本人通訳の方に連絡しました。

しかし、運悪く土曜日だったので、その日はもう予約でいっぱい。翌日は日曜日でお休みです。

私の中でインフルエンザという確信があったので、とにかくタミフルが欲しかったのです。

通訳の方に同じ病院の救急を紹介してもらったので、夜に行くことにしました。

1時間以上ならんで、インフルエンザの検査をすることに。

 

が、しかし!検査の結果は4時間後にwebで見れるとのこと。すぐに出ないんですね…。

webでの結果の見方が書いてある紙切れをもらいました。

結果が出ていないのでタミフルはもらえず、その日は普通の風邪薬を処方されて終了。

先生には、「陽性だったらタミフルを渡すので明日病院の受付に来てください」と言われました。

結果はやはり陽性。

翌朝日曜日、病院へ行き受付の方に事情を話すと、「今日は感染症科の先生が日曜日でお休みなので明日きてください」と言われ終わりました。

抵抗はしたのですが、その受付の方もどうすることもできなかったようです。

昨日診てもらった先生もその日はいらっしゃいませんでした。

結局今回はタミフルに頼らず自力で治す羽目になりました。

 

隣町のマカティにある病院

ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)から車で20分ぐらい行ったこところにマカティというエリアがあります。

こちらも日本人駐在員が多く住んでいます。

マカティに住む友人がインフルエンザにかかって病院で検査したときは、すぐに検査結果が出たそうです。

後から知ったのですが、検査結果をすぐに知りたいときは、ボニファシオ・グローバル・シティ(BGC)に住む人もマカティの病院まで行くみたいです。

もっと早く聞いておけばよかった!現地に長く住んでいる日本人の情報はとてもためになります。

 

フィリピンでの出産

聞いた話によると、病院の待遇はかなり良いらしいです。

1人目は日本に帰って産む人が多いみたいですが、2人目3人目となると、フィリピンで産む人も結構多いみたいです。

フィリピンでの出産経験者は、お産中はパーティーみたいな雰囲気だったと言っていました。

 

まとめ

ともあれ、私たち日本人が安心して医療を受けられるのは日本です。

体調で心配なことがあればフィリピンに来る前に日本で治してくることをおすすめします。

ちなみに私は先日一時帰国したとき、病院周りをしました(笑)。

1 Star 0
読み込み中...

2 COMMENTS

アバター あいす

こんにちは。日本国外で体調を崩して病院に行かなければいけなくなるとつらいですよね。検査をするにしても言葉が通じないと不安になるし、言葉が通じていてもニュアンスがあっているのか否か不安になります。以前フィリピンで病院に行ったとき胸のX線をとったのですが、妊娠しているかその可能性があるかについてしつこく聞かれました、、、挙句の果てにフィリピーナ看護師さんが日本語通訳の人をわざわざ呼んで妊娠しているかまた聞かれました。そんなに妊娠しているように見えたのか、この人は英語を理解していないと思われたのかはわかりませんが、ここまで確認がしっかりしていると考えたら私が行った病院はしっかりしていると言ってもいいのかもしれません。日本の病院が一番気が楽ですね。

返信する
egoma egoma

コメントどうもありがとうございます!
あいすさんもフィリピンで病院に行かれたのですね。フィリピーナがそんなに何度も確認してくれるとは珍しい!しっかりした病院ですね。
海外で生活していて日本に一番帰りたくなる瞬間はやはり体調を崩したときです。日本の病院が一番落ち着きますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。