記事を投稿してギフト券をもらおう!

上海でお腹が空いたらここへいこ その2(巴国布衣)

家族で上海に赴任すると、週末は外食したい。けれど、どこに行ったらいいかたくさんありすぎて分からない。ってことありますよね。

そんなたくさんある中華料理店の中から、大人も子供も楽しめるイチオシのレストランを紹介します。

四川料理 巴国布衣(バーグォブーイー)

初めてこの店を訪れたのは、幼稚園の謝恩会の後の打ち上げで、同じクラスの卒園生と駐妻さん達と行った時でした。

最初、四川料理と聞いて、四川料理って辛いんじゃないの?子供達も食べられる?私辛いの食べられないよ~。と思っていたのですが、そんな不安もよそに、予想を裏切るお店でした。

外観はいかにも中国らしい造りです。

このレストランは、四川省の省都「成都市」発祥のレストランで、中国国内では、北京、上海、広州にもあり、とても有名なチェーン店です。

上海は、以前3店舗あったのですが、現在は、6店舗に増えています。

日本人駐在人も大抵知っているレストランです。日本からの出張者の接待にもよく使われています。ですが、家族でも気軽に利用することができます。

 

まず、何がいいかというと、外観の造りです。木製の古めかしいその造りは、中国らしさを醸し出しています。

私がよく利用したのは、今はなき上海1号店だったのですが、入る前の外観に「わぁ!」となりました。最初は、なんだかお値段高そうな店だなぁと思いました。

フロントも吹き抜け構造でとても広く、店員が予約状況をチェックしてくれて案内します。人気の店なので予約した方がいいです。

個室もあります。

上海の6店舗のうち、2店舗利用したことがあります。どちらも店内広々としていて、収容人数も多いです。

個室もたくさんあるので、接待の利用も可能ですが、中国では、個室を利用するのに、「最低消費料金」という設定があります。

個室料金があらかじめかかるのではなく、1回のお会計で、食事代が最低○○○元以上なら可能。という設定があるのです。

 

もし、満たなかった場合でも最低消費料分は払わなければなりません。なので、個室を予約する場合は、「最低消費料金」を確認し、超えそうであれば、予約できます。

そうでない場合は、大広間になります。お酒をたくさん飲むグループなら、楽々クリアできるかと思います。

 

小さいお子さん連れは、個室の方が安心ですが、昔は、最低消費料金がなかったのですが、上海はここ数年、どこのレストランでも設定するようになりました。

なので、個室は、大人の人数が多い時に利用した方がよさそうですね。子供の椅子はあるので、リクエストしてください。

四川料理なのに辛くない料理がある 辛さ度0

この店をお薦めする理由の一つに、四川料理なのに辛くない料理があるから、子供にもお薦めなんです。

その料理を紹介すると、

左側のじゃがいもの千切り炒め

 

エビの炒め物

バターコーン

水餃子

卵チャーハン

そして、この店の名物 ↓

豚肉の薄切り(タレは辛いですが、豚肉は味がついていないので、辛くないです。)

豚肉とキュウリと白髪ねぎをタレにつけて食べます。

この料理は、子供達も大好きで、勝手に「豚肉ののれん」と呼んでいます。

子供には、水餃子のタレをつけて食べさせていました。

エビの串焼き

写真右側の、エビの串焼きも辛くなかったような・・・

豚カツならぬウサギかつ

ウサギの肉も辛くなかったです。食感は、豚ヒレ肉、味は牛肉を食べてるような感じでした。

カエルの料理もありましたが、この店ではまだ未体験です。

ピリ辛の料理は・・・辛さ度

では、ちょっとピリ辛の料理を紹介すると、

キクラゲとアスパラの炒め物

ほうれん草ときのこの炒め物

辛いというより、塩辛いと言った方が正しいかな。

山芋(レンコンかも)の炒め物

右側の料理です。シャキシャキ感がとても美味しく、ちょっと辛いけど、唐辛子を除ければ、結構食べられます。

そこそこ辛いもの・・・辛さ度★★

インゲンと獅子唐の炒め物

獅子唐と唐辛子を除いてインゲンだけなら、そこまで辛くないですが、後からピリピリ来ます。

担々麺

左の担々麺は、1つ5元(約75円)で1人サイズで食べやすい量ですが、辛さはそこそこあります。後から辛みが来る感じです。

辛さmaxの料理は・・・辛さ度★★★

メニューには辛い料理がたくさん載っていますが、日本人が注文しそうな料理で、最も辛い料理が↓

麻婆豆腐

やはり、麻婆豆腐は、四川ならではの本場の辛さです。

食べる人は皆、汗だくになって食べています。白ご飯が欲しくなりますよ。

そして、最後に極め付けが、コレ↓

鶏肉のカシューナッツ炒め

こちらも相当の激辛料理

辛いというより、痛いそうです。痺れるといいますか・・・

私は唐辛子をよけて、カシューナッツと鶏肉だけ食べてましたけど、

間違って唐辛子を食べた時には・・・・(>_<)

辛いのがお好きな方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

デザートは、逆に甘いものが多い

揚げパンに練乳やジャムをつける洋風のものや、

きなこ餅風のデザートもあります。

そして、上海のレストランでは、食後に無料の果物が必ず出ます。

大抵、スイカであることが多く、1年中スイカが食べられます。

この店のスイカも甘くて美味しかったです。

あと、写真に↑少しだけ写っていますが、こちらのスイカジュースとオレンジジュースも搾りたて100%でお薦めです。大きいサイズを注文すれば、ピッチャーで持って来るので、シェアできますし、お値段もかなり安かったです。

コーラとかスプライトは冷えていないことが多いので、ぜひ搾りたて100%ジュースを頼みましょう。

と、ここで腹ごしらえをした後、この店最大のウリであるショーが始まります。

種明かしは国家機密の変面ショー

お店によって始まる時間が違いますが、だいたい夜7時~7時半頃始まります。

このショーは、TVでも見たことがある人も多いかと思いますが、生で見ると「えっなんで?」というようなおかしなことが次々と起こります。

顔のお面が一瞬でどんどん変わって行くショーです。

四川の伝統芸となっていて、演じる人は、「一族経営」らしいです。

マジックのような楽しみ方があり、大人から子供まで皆がその芸にのめり込みます。

私も何度もビデオカメラで撮影し、家でコマ送りでどうなっているか確認したことがあるのですが、やはり分かりませんでした。

私がよく通った1号店は、まるで能舞台のような舞台になっていて、とても見ごたえがありました。

現在ある6店舗は、このような舞台があるのか分かりません。

ここまで近くお客さんの前でも、一瞬で顔が変わるのをやってくれます。

ショーが終わった後、観客席に来てくれるので、一緒に写真も撮ってくれます。初めて行った時、当時3歳だった息子は、近くに来て恐くて泣いたこともありましたが、もう7,8回、このレストランに行っているので、慣れたもんです。

家に帰って、変面ショーならぬ、変顔ショーをやってふざけています。まるでコロッケさんのように・・・笑

アップテンポな曲なので、口ずさめるのもいいです。終わった後も子供達は、ずっと歌っていますよ。

というわけでこの店のイチオシの理由は、この変面ショーがあるから。なんです。ショーはもちろん無料です。

お財布に優しいレストラン

料理の写真を見ても分かるかと思いますが、量がどれも大皿で多いんです。1皿4,5人で分けて食べられるくらいあります。

 

その割に単価がとても安いです。お会計してその安さが分かります。

4人家族で行ってもお酒をたくさん飲まなければ、200元(2019年のレートで約3400円)ほどでお腹がいっぱいになると思います。

私は、この店のVIPカードを作りました。なので、更に15%引きで食べることができるので、もう少し安くなります。私も最近は、アテンドでよく来ています。

 

このお店、日本語は通じませんが、メニューは日本語でも書かれていて、料理の写真も載っているので、指さし注文ができます。

ちょっと変な日本語もありますが・・・(笑)なんとなく分かります。

週末の夜は、予約がお薦めです。

夜のショーを見るために、お客さんが集中してやってくるため、週末は予約した方がいいと思います。

個室を予約した場合は、ショーは、立ち見になります。

大広間で食事をする人は、座って見ることができます。

上海と言えば、上海料理ですが、こちら四川料理でも上海で代表的なお薦めのレストランです。

ぜひ一度行ってみてくださいね。

覚えておくと便利な一言中国語

「服务员,买单!」yuánmǎidān

「フーウーユェン,マイダン!」

「(お店の人に呼びかける時の言い方)、おあいそ!」

中国は、レジでお会計するのではなく、テーブルでお会計するのが通常です。おあいそする時は、店員さんを呼び、マイダン!と言えば、請求書を持って来ますので、その場で支払いましょう。

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。