記事を投稿してギフト券をもらおう!

有意義な駐在生活の過ごし方~習い事で自分磨き~

駐妻といえば”洒落た習い事” ”ランチ” ”ホームパーティー”をしているイメージがありませんか?

私は、そんなイメージを持っていました。

実際の所はどうなの??という事で、その中から今回は、習い事についてお話ししたいと思います。

実際にイメージを裏切らず、駐妻のほとんどの方が習い事をしています。というのも、働けない駐妻は日中の時間を持て余しています。

習い事の種類も千差万別!今回は、タイで出来る習い事(大人編)をご紹介します。

 

1、語学

 

外国に住んでいる以上、一番最初に始める習い事は語学というのはセオリーでしょう。タイ語はもちろん、英語を習う方も多いです。

国際都市バンコクには世界各国の人種が集まっていて、ほとんどの語学をネイティブの先生から学ぶことが可能です。

私の住むシラチャでも、タイ語、英語、韓国語、中国語を学べる語学学校があります。

語学学校は、グループレッスンやプライベートレッスンを予算に応じて選べます。

大体45分~60分1コマで300baht~800baht(1,000円~2,700円)位です。

価格の差は、講師のレベルにも左右されます。タイ語以外は、ネイティブ講師を選ぶと高くなります。

 

2、タイ伝統文化

 

タイの伝統文化を学ぶ方も多いです。

①カービング

果物や野菜をナイフや彫刻刀でデザインしていく技術です。タイで本格的に学んで、日本に帰ってから教室を主宰する方もいらっしゃいます。

②ポンラマイ

タイの花飾りです。生花を使ったものや、造花で保管できる物を作ります。タイではお供えや、お守りとして欠かせないものです。

③タイ舞踊

華やかな衣装とエキゾチックなお化粧を施して踊るタイ舞踊。日本人会主催の舞台出演などがある、華やかな習い事です。

④タイ楽器

キンと呼ばれる、バチで奏でるお琴のような楽器が人気です。

⑤ムエタイ

言わずと知れたタイの国技です。街中にジムが溢れ日本人が多く住む物件には、出張レッスンまで存在する人気の習い事です。

⑥タイマッサージ

資格取得までの本格的なコースがあり、日本から短期留学しにくる人もいるほどです。

しっかり学んで、帰国後にサロンをオープンしたり日本で講師になったり、と将来の為のスキルとして習う方も多いです。

3、料理・お菓子・パン

一番人気なのはもちろんタイ料理。ですが、いろんな国からの移住者が多いタイでは様々な国の料理を学ぶ機会があります。

私の友人は、ベジタリアンのインド料理教室という中々レアな習い事に通っていました。

シラチャでは美味しいパン屋さんが少ないので、パン教室も大人気です。

プロのパティシエから本格的にケーキ作りを学んだり、かの有名な「ル・コルドン・ブルー」まで通うツワモノまでいます。

駐妻は時間に余裕があるので、凝ったお料理を作ったり、毎朝のパンを焼き立てで準備したり、というようなプロ主婦が多く見受けられます。

お友達のお宅にお邪魔して、レストランのようなおもてなしに感動することも珍しくありません。

駐妻生活で、台所周りの腕を上げて、人気インスタグラマーやカリスマ主婦になる奥様もチラホラ。

4、手芸・工作・工芸

物価の安さから、材料が安価で手に入れられるので、手芸を始める方も多いです。

お裁縫、編み物、刺繍、籠作り、陶器の絵付け、フラワーアレンジメント、粘土細工etc・・・。

選択肢は数限りなくあります。

タイに来て手芸を始める方も多いので、興味があるならお引っ越し荷物に”ミシン”を入れておくことをお勧めします。

材料は手軽に揃いますが、ミシン本体はタイでは高級品。機能も日本製には遠く及びません。

鞄や靴といった、職人技の習い事まで盛りだくさん。

無いものを探す方が難しいかもしれません。

5、スポーツ・ダンス

基本的に徒歩移動や、自転車移動をしないタイの駐在生活。

運動不足は深刻な問題です。

その為、スポーツ系の習い事も大人気。まずは誰もが一度は経験するヨガやピラティス。

ズンバやフラダンス、べリーダンス、バレエ等の踊り系。

サッカー、バレー、テニス、バドミントン、ゴルフ等の球技。

身体を動かす習い事は、サークルのような形で運営されているものも多く、現地タイの大会に出場したり、日本人祭りで舞台に立ったり、と達成感を得られるので仲間の結束が固く、深くお付き合いできるお友達が増えます。

 

6、勉強・資格

一部、休職中で駐在生活を過ごす奥様もいますが、ほとんどは仕事を辞めて帯同した方です。

数年間の専業主婦生活を経て、帰国した際の再就職はハードルが高く、それが駐妻の大きな悩みでもあります。

そこで、帰国後のキャリアアップを目指して資格取得に情熱を傾ける方も少なくありません。

タイ語検定や、TOEIC取得といった語学学校や、日本語教師資格の専門学校。

WEBスクールで、行政書士や通関士などの国家資格を学ぶ方もいます。

 

7、まとめ

タイの駐在生活は、メイドさんの助けがあったり日本人コミュニティーが発達していたりしてとても生活にゆとりがあります。

沢山の時間を有効に過ごすことができる、魅力的な習い事も沢山。最初ハードルになる、お友達作りも「習い事きっかけ」が主流です。

日本ではやりたくても、時間がなくて出来なかった事が、駐在生活ではやり放題ですよ!

目一杯満喫して下さいね。

1 Star (1 votes, average: 1.00 out of 1)
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。