記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ】駐在妻はうつになりやすいの?アメリカ駐在妻・私の場合

Google検索に「駐在妻」と入れると、第5位に「うつ」と出てくるくらい、切っても切り離せない「駐在妻」と「うつ」。

もちろん全員がうつになってしまうわけではありませんが、駐在生活は精神的に落ち込みやすい環境ではあると感じます。

 

主人の会社から渡された駐在生活注意事項の中にも、「精神的に病んでしまった場合は帰任を命じる」なんてことも書いてあったので、駐在員・駐在妻共にうつになってしまう可能性は大いにあるのでしょう。

 

できれば駐在生活を楽しく過ごしたいですよね。

能天気な私は、幸いうつにはならずに楽しく生活を送れていますが、やはり人によっては駐在生活(特にウィスコンシン)は厳しい環境だと感じます。

今回は、ウィスコンシンで生活を始めて、実際のところどんな試練(笑)が待っていたかをご紹介します。

ガラリと変わる生活環境

ウィスコンシンに来るまでフルタイムで働いていた私は、まず専業主婦になるということ自体に抵抗がありました

今までは仕事で成果を上げれば評価してもらえたり、日常の愚痴を近くの友達と言い合ったりしていたのに、ここでは仕事もない、友達もいない、言葉もわからない。

友達と話したくても14時間も時差があって、相手の都合を考えるとなかなか頻繁に連絡を取るのも難しい。

急に誰からも求められていない気になってしまうのです。

更に旦那さんが出張族であったり、気にかけてくれなかったりすると、もう最悪。

まさに負のスパイラルです。うつになる環境は完璧に揃っていますよね。(笑)

 

とにかく狭い世界

日本人のお友達ができた!同じ駐在妻の方と仲良くなれた!とすぐに思うのは危険です。

駐在妻が暮らすのはとにかく狭い世界。

悪い噂も良い噂も一瞬でコミュニティ内を駆け巡ります。

日本語で話すことのできる仲間ができるのは嬉しいことですが、駐在員のコミュニティという狭い世界だからこそ、その他のコミュニティへの逃げ場がなかなかないのが現状なのです。

そんな狭い世界での人間関係が原因で、精神的に疲れてしまう方も多いようです。

 

ウィスコンシンは日照時間が短い!

これは私が住んでいるウィスコンシンや、緯度が比較的高く、雪深い地域に共通することかと思いますが、特に冬の日照時間がとにかく短いのです。

7時過ぎに日の出、15時過ぎには日の入という時期が続きます(!)。

もちろん外は極寒なので、外遊びなんてもってのほか。

家の中での暮らしを余儀なくされます。そしてウィスコンシンの冬は10月末から3月上旬まで。

晴れ間の見えない日が約半年間も続きます。これはかなり精神的に参りました。

 

日本でも、日照時間が短く雪深い新潟県のうつ発症率が最も高いというデータもありますので、それと同様ですね。

 

うつ対策

こんな過酷な環境で私がなぜうつにならずになんとか生活してこれたのでしょうか。

あくまで私の例ですが、少しだけご紹介します。

1.ポジティブに生きる

これは性格的なことが関わってきますが、ネガティブなことをほとんど考えずに生活をしています。

「とにかく暇!日本語が話せなくて嫌!」

というストレスを、

「こんな生活ができるのは恵まれている」
「きれいな英語が学べてとても良い環境」
「日中は一人で自由な生活ができる」

というように、全て脳内でポジティブに変換しているのだと思います。

 

とにかく少しでも、その場所のことを好きになること。これがとても大切です!

 

2.常に楽しみ(生きがい)を作る

例えば、「2ヶ月後の旅行を楽しみに頑張る!」、「来年は帰国の予定があるからそれを生きがいにする!」というように、将来に何かしらの楽しみを作りながら生活をしていました。

楽しみがないと、やはり生活にハリがでません。

私の場合は1人でも車で4時間ドライブしてお隣の週まで遊びに行ったり、家族旅行を年2回以上しています。

 

家族と協力して楽しい駐在生活を

駐在妻とうつは切り離せない関係ではありますが、気の持ちようひとつでうつから少し遠ざかることができます。

お住まいの場所に楽しさを見出したり、旅行などを楽しみにしながら、今しかない駐在生活をお互いに楽しみましょう!

 

1 Star 0
読み込み中...

2 COMMENTS

アバター 匿名

駐在妻さんてうつになりやすいんでしょうかね。日本国内であっても引っ越しなどで環境が変わることで精神的に不安定になるかもしれないから、ましてや海外なら尚更、なのかもしれないと思いました。
あまり深く考え過ぎず、現状のよい所を探して ケ・セラ・セラの気持ちでいるのが大事なんでしょうね。mowさん、大変なこともおありでしょうが、これからも明るく楽しくお過ごしくださいね。

返信する
mow mow

引っ越しで環境が変わる+言葉の壁があって意思疎通ができないというのが大きいと思います。言葉の壁がない方(日本人)で気が合う方を見つけるのも、奇跡のような確率ですしね。。
今の所は楽しんで駐在妻生活をおくれております。合言葉はケセラセラですね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。