記事を投稿してギフト券をもらおう!

メキシコはお金が貯まる国?貯まらない国?

駐在するとお金が貯まるという噂を聞きます。

実際、貯まるのか貯まらないのかを一概には言えないのですが、ここでは一例としてメキシコ駐在のお話をします。

メキシコはお金が貯まる国?貯まらない国?

メキシコ駐在はお金が貯まるのか、貯まらないのか。

駐在すればお金が貯まりそうな印象がありますが、それは赴任国によります。

物価の高い国、物価の安い国、娯楽が多い国少ない国・・・などで変わりますね。

メキシコの場合は、貯まる国に分類されると思います。

これは、

・物価の安さ(食費&娯楽費&その他もろもろ)
・休暇時の旅行代金の補助(これについては後程書きます)
・物欲の減退(強盗に遭わないよう華美な服装は
NGのため、高い物を買おうと思わなくなります。)

が大きな理由です。

メキシコ駐在の手当てって具体的になに?

これは会社ごとにバラバラですが、他の方々から伺った話も織り交ぜて、だいたいの目安を書いていきます。

1.家賃

家賃は会社負担というのが多いです。

メキシコシティの場合は治安の良い、いわゆる高級住宅地に日本人がたくさん住んでいます。

そこに住めるくらいは家賃補助が出ているんでしょう。

光熱費&水道代は、契約時に家賃に含んでもらったりもできます。ここは大家さんとの交渉次第です。

 

2.医療費

海外医療保険に加入し、医療費はこれで賄われます。

ただし、歯科治療などは上限や保険対象外があるので注意です。

 

3.休暇費(メキシコシティならでは!)

さて、これがメキシコシティの嬉しい手当て。

メキシコシティは2250mという高地にあるため、たまには低地に降りて濃い空気を吸ってね!という休暇制度があります。

旅費を一部ですが会社が負担してくれるんです。

他の国でも休暇費がでる会社もあるようですが、メキシコシティの場合は、他の国では休暇費用はでない!って会社でも、あるみたいです。

(それだけ高地で過ごすのは体の負担になるということですね。)

支給頻度は会社によりますが、年に1回、半年に1回など。

大きな出費になる旅費を一部とはいえ負担してもらえるので、家計は助かります。

 

4.語学学習費

奥さんの語学学習費を負担してもらえます。

これも会社によって一部だったり全額だったり。

日本と比べたら家庭教師も学校も安いです。

 

5.その他

車の支給や、車の購入費の補助があります。

他には、旦那さんの会社送迎は運転手がつくという場合もあるみたいです。

奥さん専任の運転手がつく国もあるようですが、メキシコシティの場合は聞いたことないですね。

普通に歩けるしUberも使えるし、必要ないって感じです。

 

メキシコ生活で実際いくら使ってる?

次に、実際に私がどのくらい使っているのか!です。私の場合は、週に3,000ペソ(1万8千円)の現金があれば十分に足りています。内訳は、

・家庭教師(週2回):400ペソ×2回(2.400円×2回)

・習い事(週1回):400ペソ(2,400円)

・お手伝いさん(週1回):300ペソ(1,800円)

・食費:800ペソ(4,800円)

・その他:500ペソ(3,000円)

という感じです。お友達とお茶するってときでも、スタバや雰囲気の良いカフェでもだいたい1杯50ペソ~60ペソ(300~360円)とかなので、意外とお金使わないです。

 

こんなものにお金をかけてます!

メキシコでは何に大きな出費があるのかですが、正直、そんなに思いつきません。

が、強いて言うなら我が家の場合は旅費です。

旅費は、「せっかくメキシコにいるから日本からだと遠い南米に行こう!」と南米旅行をよく計画してしまいますが、メキシコからでも南米は遠いんです。笑 

ブラジルまでは飛行機で10時間かかるので航空券もいい値段しますね。

休暇費がでるとはいえ、南米まで行くと自費の負担も大きいです。

ですが日本からは行けないから、と南米旅行にいく方々は多いですね。

 

まとめ

メキシコは物価が安いので、気兼ねなく生活を楽しめます。

カフェも映画(大人一人600円とかです)も安いし、なによりお手伝いさんも気軽に雇えるのが助かります。

メキシコ駐在は貯金のチャンスでもあると思うので、がんばりましょう~

 

この記事を書いた人

ペンネーム:n子
元大学病院看護師。夫のメキシコ転勤をきっかけに、医療・旅行系メディアにてWEBライター業を開始する。こちらではメキシコでの実生活をお伝えします。執筆依頼はこちら

いいね 1
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。