記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ】英語が苦手な駐妻さんへ、現地で語学学校に通うべき理由

駐在に帯同するとなると心配なのが言語。

日本で前もって準備しておいたうえで、現地でも語学学校などに通う人が多いですね。

語学学校でスピーディーに英語上達を

現地の言葉は日常生活を送る上では非常に大切。現役駐在妻の方は、実際に語学学校に通ったことのある人も多いのではないでしょうか。私も、渡米前から主人の同僚にお願いして、現地の語学学校の情報を収集してもらっていました。

今回は、語学学校への入会の仕方とメリットをお伝えします!

語学学校の選び方

語学学校と一口に言っても、その授業は様々な学校で行われています。私の周りにある、実際に検討した語学学校を特徴とともにご紹介します。

どの語学学校にも、外国人(International student)向け窓口が設置されているはずなので、担当者に入会したい旨を伝えると、手続きを開始してくれます。

4年制大学

4年生大学(university)に語学クラスがあります。現地での日常生活に必要な語学力をつけるというよりかは、その大学に入学するための前段階として入会する人が多いようです。そのため、授業の内容はアカデミックで、費用も割高。クラスに入るためにも、TOEFLなどを求められる場合も多いです。

 

コミュニティカレッジ(テクニカルカレッジ)

地域住民のために作られた公立の大学。職業訓練を提供していたり、日常生活レベルの語学を身につけるために通っている人が多くいます。レッスンの内容も、ライティング、リーディング、市民権獲得のためのクラスなど、多岐に渡ります。希望すれば誰でも入学でき、費用も割安です。

 

地域の図書館

図書館でも地域の住民のために英語の授業が行われています。地域ボランティアの人たちによるレッスンのため、基本的には費用はかかりません。ただし、教えてくれる人は教員な訳ではなく、学べる内容はボランティアの人や周りの人によってまちまちです。

 

語学学校に行くとこんなにいいことが


私は実際に渡米直後から、コミュニティカレッジの授業を受けています。授業に参加すると様々な面で良いことだらけです!語学学校に通うことで私が得たメリットをご紹介します。

英語が上達する

言わずもがな、英語が身につきます!更に、地域住民のためのクラスであれば、ほぼ無料で受講することができるのです。

大学に行くための単位を取得したり、何か資格を取るような授業であれば費用はかかりますが、長い駐在生活の間に新しい資格取得にチャレンジしてみるのもよいかもしれません!

 

友達ができる

コミュニティカレッジは、各国からの留学生や、同じ境遇の駐在妻がたくさん通っています。同じ境遇や年代の人と出会える貴重な場所なのです。同じ授業を取っていなくても、食堂で隣に座った人に話しかけてみたり、同年代の先生と仲良くなってみたりと、友達ができる可能性は無限!

友達を作ることで、趣味の時間が共有できたり、ともに英語上達に励めたりと、生活が豊かになること間違いなし。

 

生活にハリが出る

駐在妻になるまで平日はフルタイムで働いていた私。駐在妻生活始めの頃は特に、仕事もない、友達もいない、家にこもりっきりの環境が耐えられませんでした。

しかも、私が渡米したのはウィスコンシンの冬。何もしなければ鬱まっしぐらだったのではないかと思います(笑)アメリカに来てすぐにコミュニティカレッジに通い始めたことで、平日の半分は外に出る用事ができたので、精神的にもとても助けられました。

 

試しにはじめてみよう!


語学学校は、語学を学ぶこと以外にも良いことがたくさんありました。生活に慣れるためにも、精神的にも、とても語学学校に助けられました。

お住まいになる地域にも、いろんな種類の語学学校があるはずです。費用もかからないものも多いので、試しに始めてみてはいかがでしょうか。

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。