記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ駐在】意思疎通が大変!駐在妻が感じる言語・文化の壁

 

アメリカで日常生活を送るには足りない英語力

日本にいる時の英語は、「受験科目の一つ」であり、「英語を話せる人ってなんとなくかっこいい」という認識くらいしかありませんでした。しかし、アメリカに行ってからの英語は、「問題なく日常生活を送るための最低限のツール」と化してしまったのです。

渡米前の英語力

英語は受験科目としてはとても好きでした。なので、英語は読めるし、文章を作りなさいと言われればなんとなくは書ける。ただ、リスニングに関してはネイティブスピーカーの速さにはついていけないし、話すなんてとてもじゃないけどできない、それよりも人前で間違った英語を聞かれるのは恥ずかしいと感じていました。

 

学生時代に使った教科書から学んだ英語しかインプットされていないので、おそらく私の中には不自然な英語しかストックされていませんでした。まさによくいる典型的な日本人英語学習者のタイプだったのです。

 

アメリカ人とのコミュニケーションで困ること

渡米してから感じた、アメリカ人と英語でコミュニケーションをする上で困ったことを紹介します。もちろん語学力が足りていないために生じてしまうトラブルなのですが、それ以上に日本とアメリカの文化的背景の違いが大きいと感じています。

アメリカには「察する」という文化がない

日本人は、相手の理解を確認しながら会話をすすめます。相手がわからなそうな顔をしていたら、「何かわからないことがあった?」などと声をかけて、自分の言っていることを相手に理解してもらうように努めますよね。

 

アメリカでは、全くそんなことはありません。こちらがわからなそうな顔をしていてもお構いなし。ナチュラルスピードでガンガン話し続けます。「いや、わからないっていう顔してるじゃん(笑)」と思っても、それを察して「どこがわからない?」と聞いてくれる人は誰一人としていませんでした。

 

渡米してしばらくのころはこの文化の壁に戸惑いましたし、「なんでわかってくれないの?」と少々イラつきもしました。

 

もしかしたら、私が移住した場所が、外国人に慣れていないアメリカの田舎だからという背景もあるかもしれません。

 

相手の言っていることが理解できなかったときには

相手の言っていることが理解できないなら、相手の話を遮ってでも「今のどういうこと?わからなかった」と聞くのがアメリカ流の方法。こちらから聞けば、自分が理解できるかどうかは別として頑張って説明をしてくれます。

 

逆に日本だと、「わからないとはっきりいうのは相手に失礼じゃないかな」と思いがちですが、アメリカ人はそうは思わないのでご安心を。

 

理解できなかった場合は、「今のはこういうこと?」と自分なりに説明してみたり、素直に「もう一度ゆっくり説明してくれる?」とお願いすれば良いでしょう。

 

語学向上の旅は続く

1年ほどいると、耳が英語に慣れてきたり、語彙も増えてきて、相手が話していることが理解できるようになります。同時に文化的背景も少しずつわかるようになってくるので、理解できることが増え、生活自体も楽しいと感じることが多くなってきました。

 

最初の頃は、何か話す前には頭の中で日本語から英語に翻訳してから発話するというプロセスを経ていましたが、簡単な文章であればいつのまにか自然と話せている自分に気づきました。できることが増えていくのは何歳になっても嬉しいことです。

 

数十年日本でしか生活していなかった中で、急に言葉も文化も違うアメリカで生活を始めることは大変ではありましたが、これからも少しでも言葉や文化を理解できるように、日々楽しく生活していきたいと思っている次第です。

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。