記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ駐在】赤ちゃんの離乳食、アメリカで生活する日本人はどうしてる?

海外で子育てをしていると日本と住んでいる国のどちらの方法を取り入れるか悩むことがあると思います。

実際に子育てをしていて一番大変に感じたことが離乳食です。

子育てや離乳食には日本語で書かれた情報を参考にすることが多いのですが、離乳食に関しては食材の入手が難しいからです。

この記事では日米の違いも比較しながら、アメリカで生活する日本人の離乳食スタイルの1つを紹介します。

離乳食の開始時期はどう判断する?

日本の育児書には離乳食の開始時期は生後5~6ヶ月頃と書いてある本が多いようです。

アメリカも同様の時期に始めることが多いですが、小児科医の判断によっては4ヶ月から開始することを奨められる場合もあります。

4ヶ月健診の際に離乳食についてのガイダンスがあるので、子供の様子と併せて相談しましょう。

 

よだれがたくさん出ている、首が座っているなど、離乳食を始めるためのチェック項目は日本と変わりません。

これらの項目が揃えば保護者の判断でタイミングを見て開始します。

集団健診で行っているような離乳食についての講義はなく、小児科医から簡単な説明とプリントを渡されて終わりでした。

手作りよりも市販のベビーフードがスタンダード

アメリカで子育てしてみて良かったと思うことのひとつが、離乳食を手作りするプレッシャーが少ないということです。

日本の離乳食本を取り寄せて勉強したり、インターネットで検索すると皆さん丁寧に手の込んだ離乳食を用意していて驚きました。

 

一方、共働き家庭が多いアメリカでは離乳食も合理的で効率が良い市販のベビーフードを利用するのが主流です。

スーパーには実に多くの種類のベビーフードが並び、オーガニック製品も揃っています。

中には「手作りする離乳食よりもバランスの良い食事ができて、必要な栄養素も入っているから安心」と考える人もいます。

手作りする場合でも便利な調理グッズを使い、シンプルに1品のみということも。

しかも、それは決して手抜きであるとは考えないのです。

和食の基本に主食、主菜、副菜とあるように、離乳食でも複数作らないといけないと考えていた私にとっては新鮮な考え方でした。

手間をかけずに便利なものは利用して、ストレスを溜めないことが一番だということですね。

よく使う食材の違い

土地ごとに食文化の特徴がみられるように、離乳食にも同じことが言えます。

日本で離乳食期の子育てを経験した人と話していてそのギャップを実感しました。

 

果物の種類が豊富で安価で手に入るアメリカでは離乳食にも実に多くの果物を利用します。

マンゴー、ブルーベリー、ラズベリー、洋ナシ、アプリコットなどは日本では珍しいですが、アメリカでは市販のベビーフードでもこの文字をよく見かけます。

アボカド、ビーツ、ケール、ひよこ豆などの野菜やスーパーフードと呼ばれるキヌアやチアシードも離乳食に取り入れています。

私が驚いたのはシナモン味のベビーフードやベビースナックがあることです。

シナモンは癖があって大人向けの食べ物というイメージだったのでベビーフードの味付けに使っているのはとても意外でした。

 

一方、日本人がよく食べる大豆系の加工食品(豆腐、納豆、きなこ、味噌など)は食物アレルギーを引き起こしやすい食材として避ける傾向にあります。

タンパク質は鶏肉、牛肉、豚肉、ターキー、ヨーグルト、チーズを食べ、魚類はみかけません。

日本では離乳食初期から白身魚を利用しており、実に色んな種類の魚を食べます。

これは魚介類をよく食べる日本人の食文化が影響しているのでしょうね。

日本の食材の取り入れ方と調達方法

日本語サイトやレシピ本に載っている料理を参考にしたくてもアメリカでは簡単には手に入らない…

日本では手軽に使える安い食材がアメリカでは何倍もの値段がする高級品で頻繁には使えません。

レシピを眺めながら「あー、これが手に入ったらいいのに!」とよく思っていました。

これは大人の食事にも共通することですね。

こういう事情のため、日本の離乳食を参考にしつつ、住んでいる場所で入手できる食材を使い、工夫しながら離乳食を作ることになります。

 

日本の特徴的な食材はアジア系スーパーで購入したり、保存できるベビーフードを日本から送ってもらったりして入手しました。

アジア系スーパーではうどん、味噌、豆腐、納豆、海苔、昆布、干し椎茸などを買っていました。

魚はしらすや鯛など時々見かけるのですが、タイミングによっては店頭にない場合もあります。

だから魚類はフリーズドライした日本のベビーフードを使って取り入れるようにしました。

粉末のだしや味付けに使えるベビーフードは便利だったので取り寄せてよかったと思います。

段階ごとの調理方法

離乳食を開始するときはペースト状にした食べ物を1品ずつ試すという進め方は日米共通しています。

ところが段階が進むにつれて市販のベビーフードの違いがみられます。

日本はゴックン期、モグモグ期、カミカミ期…というように赤ちゃんの様子を確認しながら発達に応じて食べ物の大きさや固さに変化をつけます。

一方、アメリカでも段階ごとに分けられて食材の種類が増えているのですが、食べ物の形状は1歳頃まではペースト状の離乳食ばかりです。

そして1歳を過ぎると柔らかいパスタや野菜などいきなり固形の離乳食になっています。

市販のベビーフードが主流ならば、一体いつから固形物を噛む練習を始めるのか疑問でした。

私の想像では柔らかいベビースナックや果物を小さく切ったもので練習しているんじゃないかと思います。

やはり日本人は食べ物の形状や大きさに注意しながら、細やかに離乳食を作っているのだと実感しました。

この点については噛む練習をして欲しいと思って、日本式の進め方を取り入れていました。

また調理器具も食べ物を簡単に細かくできるブレンダーやチョッパーを使って時短できるようにしました。

粉末のライスシリアルは日本のおかゆのようなもの

離乳食は日米の良いとこ取りで!

日本食材の入手に苦労したり、日本の豪華なベビーフードメニューが羨ましいと思う時期もありましたが、

子供が全然食べてくれない時はアメリカの大らかな考え方に救われました。

「日本式がだめならアメリカ式をやってみよう。」

「違う果物を試してみよう。」

「疲れてしまったら市販のベビーフードで十分。」

効率よく準備し、心が折れないように状況に応じて選択肢があることはよかったです。

悩んだとしても日米の良いとこどりをしよう!と思うくらいがいいですね。

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。