記事を投稿してギフト券をもらおう!

【マレーシア駐在】麺天国、マレーシアのローカル麺まとめ

こちらに来るまでマレーシア料理には全く縁がありませんでした。

都心に行けばマレーシア料理レストランって結構あるのでしょうか?

 

さてさて、今日はそんな私がマレーシアに来てどっぷりハマっている麺料理をご紹介!

 

マレーシアは大きくマレー系、インド系、中華系の三大民族+その他

で構成されているので、「麺」と言っても本当に幅広く、それぞれの個性溢れる麺料理を

いつでも手軽に楽しめます。

そして、麺料理は日本と同じく値段も手頃で子どもの居る家庭には有難いのです♪

 

麺料理その1 Dry Chill Pan Mee ドライ チリ パンミー

「Pan Mee」 は漢字で表すと「板麺」。Meeはマレー語で麺の意味ですがその中でも、

この板麺は読んで字の如く平打ち麺、そしてドライなので汁なし麺料理です。

 

茹でた麺を丼に入れ、青菜とポーチドエッグ、味付けした豚ミンチと揚げたイカンビリス

(見た目は日本のいりこですが、味はちょっと違う)、

そしてこちらでサンバルと呼ばれるチリソースがトッピングされています。

食べる時にこれら全てをよーく混ぜ混ぜします。

サンバルがかなり辛いので(日本人的には激辛に近い)、ピリ辛好きの私でも口の中が痛い

と思いながら食べるのですが、イカンビリスの塩気と旨味がいい感じで味に深みを出して、

「辛いけど止まらない」料理になってしまうのです。

たまに顔を出すポーチドエッグの半熟黄身もワンクッションになってお箸が止まりません。

 

麺料理その2 Pan Mee (スープ)パンミー

こちらは汁あり。これだけで店舗が出てるくらいポピュラーな食べ物です。

先に書いたドライパンミーの汁有りタイプですが、トッピングも違って味も別物です。

豚骨と干し椎茸、イカンビリスで取った優しい味のスープに手打ちの小麦麺を

直接入れて茹で

(そのまま丼に入れて出されるので、麺の打ち粉でスープにとろみが付きます)

 

トッピングは軽く味付けした豚ミンチ、干椎茸のスライス、揚げたイカンビリス、

スイートリーフ(サユールマニスという木の葉)、小口切りのネギ、カリカリに揚げた

玉ねぎがよく乗ってます。別添えでチリソースが付くのでお好みで加えて食べます。

これはコリアンダー乗せスープパンミー。このお店は化学調味料を使わないので、スープが体に染み渡ります( ´ ▽ ` )

 

イカンビリスは日本の鰹節のように単体で出汁を取ることは無いようですが、

旨味を加える必須の調味食材のようです。

スーパーでも市場でも必ず売られていています。

日本と同じく、料理に使う際には頭と内臓を取るのですが、マレーシアはもう一手間

かけて、油でゆっくり揚げてから使います

 

手打ちの幅広ちぎり麺は、見た目と違ってお腹にしっかり溜まるので、

男の人でもお腹一杯になりますよ。

味にガッツリ感が欲しい人はカレースープのCurry meeをどうぞ!

 

麺料理その3 Char Kuey Teow(クエ ティアオ)

小麦麺が続きましたが、こちらは米粉の平打ち麺を使った焼きそばです。

マレーシアでは米粉の麺も沢山食べられていて、ビーフンのごく細い面や、

スパゲッティのような太くてツルツルしたものまで楽しめます。

 

お店によって味付けや具材が変わりますが、私が好きなのはエビ、もやし、ニラ、

卵を入れてピリ辛に炒めたタイプ。

結構油を使ってあるらしく、ハイカロリーな料理なのでたまに食べる方が

体重にも精神的にもよろしいかと。

 

でもね、米麺独特のモッチモチ食感がたまらないんですよ!

タイ料理の焼きそば、パドタイよりも「お餅感」があります。

 

麺料理その4 Laksa ラクサ

クエ ティアオと同じく米麺ですが、こちらはスパゲティのようなタイプ

(違う麺もあるらしい)

ラクサは地方によってかなり違うようで、まだ数種類しか挑戦していませんが

すでにハマってしまいました。

 

アッサムラクサ(ペナン州):酸味と辛みがしっかり効いたスープに、サバやアジ

などの魚を砕いたものが入っていて、まるでソースのようなスープの中に米麺。

フレッシュハーブ(私はミントとレモングラスの味が感じられました)もしっかり

入っていて、辛いけれどさっぱりした味です。

青魚の風味がよく分かるので、日本人には比較敵好まれる気がします。

アッサムラクサ。ミントを生でそのまま食べるの?と思うかもしれませんが、濃いスープが一気に爽やかになります。

 

ニョニャラクサ(マラッカ州):スープにココナッツミルクがたっぷり入っているので、辛さはマイルド。

一昔前はマラッカに行かなければ食べられなかったのでしょうが、

今はニョニャ料理レストラン

(ニョニャ料理:マラッカ州で発展した中華男性 × マレーシア女性の子孫による文化の料理)

が、クアラルンプールにどんどん出来ているので気軽に食べられます。

 

麺料理その5 Ipoh Ho Fun イポー ヌードル

ペラ州の州都Ipoh(イポー)はよく知られた観光地で、「食の都」と呼ばれています。

このイポーの名物と言えばチキンライス(海南ライスと聞くとピンと来るでしょうか?

チキンライスはシンガポールなど別の地域でも食べられています)に、

イポーの綺麗な水で育てたちょっぴり太っちょで短いイポーもやし。

 

なのですが、私は麺の方もオススメ!!!

 

上記のチキンライスのライスが米麺に変わった料理ですが、

ライスとは全く別の美味しさが♪

クリアなチキン&エビのスープにツルッとした平打ち米麺が入って、

トッピングは柔らかーい蒸し鶏とニラ、青ネギ、そしてこちらで定番の揚げ玉ねぎ。

あっさりしてるのに、とにかく美味しい!

お腹に軽いので、我が家は週末の朝ご飯の定番です。

武漢コロナによる外出禁止令で一ヶ月以上食べれてませんが。。。

これに「チリバディ」と呼ばれる激辛のチリが入ったお醤油がついてきます。が、小皿と思って侮るなかれ、全部入れると噴き出す汗が止まりません!

 

番外編 インスタント麺 White Curry Noodle

そうなんです、インスタント麺なんですが、これがかなり美味しい!

辛いもの大好きな人が喜ぶであろうかなりの辛さですが、

辛いベースのスープをココナッツミルク(パウダーとして添付されています)で

割ったスープが美味しすぎるー'(*゚▽゚*)’

 

ペナン州の名物カレーミーで、残念ながら私はこのインスタントでしか味わった事が

無いので、本物との違いは分からないのですが、

「私の中のインスタント麺No.1!!」でございます。

 

パッケージを読むと、化学調味料不使用で実際胃もたれしません。

大量の汗をかきながら「辛〜い!美味し〜い♪」を連呼しながら食べてます。

 

過去に世界の美味しいインスタントラーメン1位を獲得したこともあるそうなので、

日本で見つけたら是非食べてみて欲しいです。

ただし、辛みスープのペーストは1/3袋か1/2袋から入れて調節してくださいね。

日本のお友達にお土産で渡したら、「半分しか入れなかったけど、辛過ぎてむせた」と

言っておりました。そんなに辛かった?と思った私の舌は、もうすでに日本人では無いのかもw)

 

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。