記事を投稿してギフト券をもらおう!

【クアラルンプールの医療事情】受診の手順や支払い、市販薬や予防接種について解説

海外で病気になったり、怪我をすると、本当に不安ですよね。

いざという時のために、今日はマレーシアの医療事情をお話ししますね。

マレーシアは世界でも医療水準が高いと言われており、またクアラルンプールには

日本語の通じるクリニックが複数あるので、駐在員にとっては安心出来る環境です。

総合病院から開業医のクリニックまで色々あります。

 

最初にかかるのは総合医

日本だと、ちょっと熱があるなとか、身体の調子がおかしいなと感じると内科の

門を叩きますよね。こちらマレーシアでは、風邪でも糖尿病でもまずは総合内科医が

診察します。

その後、総合医では対応できない場合に各専門医へ繋げられるシステムです。

 

「受診手順1」 受診したいと思ったら、まず電話で予約。

私達家族が住むクアラルンプールには、日本語対応してくれる医院が幾つもあり、

予約の段階から日本語が通じます。日本人スタッフの場合もありますし、

現地の日本語が話せるスタッフの場合もありますが、やり取りに困ったことは

今のところありません。

「受診手順2」 受診者のパスポート、保険証を持って来院。

私は何を聞かれても大丈夫なように、主人の会社の名刺、家族全員のパスポート&

保険証、現住所の画像をスマホに保存しています。

日本と同じく、受付で予約したことを伝え、予診表や同意書、医療通訳が必要か

どうか等を書き込んで順番を待つだけです。

「受診手順3」 診察

診察室に通され日本と同じように医師と対面します。

受付の際に医療通訳を選択した場合は、ここに日本語話者が立ち合い、

随時通訳してくれます。お薬の説明もここでされます。

「受診手順4」 支払い(お薬の処方がある場合もこの時に)

名前を呼ばれるまで待合室で待ちます。お薬は別のカウンターで受け取り&支払いを

する医院もありましたし、同じカウンターで済ませる医院もありました。

ただ、日本のように別の建物にある調剤薬局へ取りに行く、というパターンに

出会ったことはありません。

 

余談ですが、総合診療になっているからか、待合室は小さな子どもが過ごせるように、

絵本やテレビ、お遊びスペースがある所が多いです。

また、医院によっては年中無休の所もあって心強いです。

 

医療費の支払いについて

駐在員の勤める会社によって、使っている医療保険会社が違うようなので、

我が家の場合についてお話しします。

 

我が家は、ウェルビーメディックサービスのメンバーになっているので、

提携している医療機関(ウェブ上で一覧が見れます)にかかる場合は、

キャッシュレスで決済ができます!!これは本当に助かるんですよ。

リスト外の医療機関にかかると一旦自腹で払わなければなりません。

日本の窓口負担金額と違い、全額請求されますからね。一度インフルエンザ

で来院して会計が約2万円と言われた時には、一瞬固まりました(; ̄◇ ̄)?

ウェルビーさんは世界中にネットワークがあります。24hコールセンターに繋がるのも有り難い!

 

医療通訳について

我が家の医療保険会社には、専属の医療通訳がエリアごとに登録されているので、

予約を取る段階からお願いすることが可能です。

日本語通訳者がいる内科系の医院は多いのですが、歯医者や地元で評判のあの病院に

かかりたい!なんて時は、全て英語で!ということも多いです。

ですので、そういう場合、我が家は保険会社のコールセンターに先ず電話をして、

予約と受診当日の通訳さんを手配してもらいます。保険のサービス内なので、

別途代金がかかることはありません。

専属の医療通訳がいない保険会社でも、個人で医療通訳を頼み、後日勤務先が代金を

補償してくれるようです。

 

市販薬を買う

スーパーにも胃薬だとかのちょっとした薬は売っていますが、モールに行くと何軒か

チェーンの薬局があり、多種多様な市販薬が置いてあります。また、薬剤師が常駐する

店舗もあり、相談の上でオススメの薬を買う事もできます。

モールの薬局で薬剤師さんから出してもらったお薬

デング熱

熱帯特有の病気として、日本では馴染みのない病気がいくつかありますが、

マレーシアでは年中よくかかるデング熱というものがあります。

日本でも一時期騒ぎになったことがあるので、聞き覚えのある方もいらっしゃる

でしょう。

 

蚊が媒介するこの病気は、今のところ効果的な予防方法は無く、毎月コンドミニアムで

蚊に対する薬を大量に噴霧することが一応の予防法とされているようです。

世界で毎年3億人以上が感染して、発症するのは3割程度、さらにその内重篤化する人数は

多くはないとお医者さんから聞きました。が、油断は禁物!実際入院措置になった

お子さんも周りにいるので、異変を感じたら早めに受診です。

 

予防接種

最後にこちらで受けられる予防接種(日本人向け医療機関にて)をご紹介します。

A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、コレラ、黄熱病、帯状疱疹、髄膜炎菌、

インフルエンザ、肺炎球菌、チフス

※乳幼児の予防接種も受けられます。若干日本の接種期間と違いがあるようですが、

赴任前にお子さんの予防接種が間に合わなかった方も、こちらで残りを打つことは可能

なようです。日本出国の際には、英語で表記された予防接種の履歴を、必ず家族分持って

来ることを忘れないようにして下さいね。

(因みに、我が子達の予防接種記録は母子手帳に英文で追記されています)

大人の予防接種履歴カード

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。