記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ駐在】物価の高いアメリカのお買い物術!お得なディスカウントストアを活用しましょう!

アメリカで生活していて驚いたことのひとつが物価の高さです。

日本から引っ越しをして生活用品を揃えるために買い物に行ったときは値札を二度見してしまいました。

100円ショップを始め、リーズナブルで高品質のお店が充実している環境に慣れていると、

アメリカの物価はとても高いと感じてしまいます。

 

私は一通り必需品を揃えた後でディスカウントショップがたくさんあると知り、

「その情報、もっと早くに知りたかった~。」と悔しい気持ちでした。

それ以降はもっぱらディスカウントショップを活用しています。

今回は全米展開している定番のお店を中心に庶民の味方・ディスカウントショップを紹介します。

 

アメリカの代表的なディスカウントショップ

3大ディスカウントショップとして有名なのがウォルマートとターゲット、そしてKマートです。

どれも生活用品、食品、衣類、おもちゃなど幅広く取り扱っています。

その店舗に行けば生活に必要なものは一通り揃えることができます。

 

ターゲット(Target

安さに加えてデザイン性の高い商品が多いです。

毎年有名人や人気ブランドとコラボしたオリジナル商品をリーズナブルな価格で発売しています。

出入口付近の$1~3コーナーは子供のおもちゃや季節もののグッズが置いてあり、つい立ち止まってしまいます。

ターゲットのロゴマークがついた犬

ウォルマート(Walmart

幅広い商品を低価格で販売することを追求しています。

デザインやファッション性重視のターゲットに比べて価格重視の顧客が多いイメージです。

最近では食品コーナーにアジア系食材が充実しているのがありがたいところ。

 

ケーマート(K-mart

ウォルマートの低価格路線とターゲットのデザイン性路線の中間です。

 

日用品&衣類系ディスカウントショップ

次に紹介するお店はワケあり商品や昨シーズンに売れ残った商品等を置いています。

商品の入れ替わりが早く、店舗ごとに置いている商品も異なります。

在庫は棚に陳列しているものだけという場合が多いので、次に行ったときに買えるという保証がないです。

掘り出し物がみつかるかもしれないという期待感がある一方、

今買わなければ二度と手に入らないかもしれないという駆け引きがいつも頭の中で繰り広げられます。

アメリカでは定番のラルフローレンもさらに安く購入できます

マーシャルズ(Marshalls

アメリカ発ブランドの服、バッグから、食器、キッチン用品、家具、食品など幅広く取り揃えています。

おもちゃやベビー用品の品揃えも充実しています。

化粧品や美容グッズは掘り出し物が多く、定価の半額以下で手に入れられることもあります。

商品の入れ替わりが早いので定期的に訪れることをオススメします。

一番品揃えが充実しているのはサンクスギビング前です。

 

ティー・ジェー・マックス(T.J.MAxx

ハワイにも出店していることから、知っている人も多いはずです。

マーシャルズ同様、に日用品や雑貨など豊富に取り扱っています。

服、靴、バッグなどが充実しています。

ケイトスペード、コーチ、マークジェイコブス、マイケルコースなど、アメリカ発ブランドに加え、世界のトップブランドも時々置いてあります。

小柄な日本人のXSやSサイズは売れ残っていることが多く、掘り出し物が見つかる可能性大です。

 

ロス・ドレス・フォー・レス(Ross Dress For Less

こちらもハワイに出店しているので青い看板は馴染みがあるかもしれません。

衣類や靴の品揃えが充実しています。上記の2つに比べると若干庶民的です。

ラルフローレンのポロシャツが$19、カルバン・クラインのジーンズが$29という具合です。

地域によって特定曜日にさらに値下げをするので、そのタイミングで購入する人も多いです。

 

チューズデー・モーニング(Tuesday Morning

日用品や雑貨、食品を多く取り扱っています。

サラベスのジャムケイトスペードのティーセットを定価の6割くらいの値段で見つけたときは歓喜しました。

ハロウィンやクリスマスなどシーズン雑貨も充実していますよ。

 

デパート系ディスカウントストア

高級デパート直営のディスカウントストアもあります。

洋服、靴、バッグ、時計などをメインにデパートから直接流れた一流ブランド商品も置いてあります。

ノードストロームラック (Nordstrom Rack

大手デパート「ノードストローム」の商品が大量に流れてきています。

マーシャルズやT.J.Maxxでは取り扱いがないブランドも見つけることができます。

ブランドごとにコーナーが設置されているので探しやすいです。

日本人に人気のあるケイトスペード、マークジェイコブス、コーチ、マイケルコースは定番。

男性用商品や子供用品は少な目ですが、デパート系列ということで贈り物にできそうな商品やギフトボックスが半額ほどで見つかることも。

夫のシャツやネクタイ、Aden&Anaisのベビー用おくるみ、ビブなどはここで買っていました。

ニーマン・マーカス・ラストコール(Neiman Murcus Last Call

高級デパート「ニーマン・マーカス」の型落ち&シーズンオフアイテムをアウトレット価格で購入できます。

取り扱いはハイブランドの女性服、バッグ、靴などが多いです。

さらに安い在庫処分価格だと定価の3割程度で購入できることもあります。

洋服はフォーマルドレスやビジネスカジュアルの服を買っている人をよく見かけます。

 

サックス・オフ・フィフス(Saks OFF 5TH

ニューヨークの5番街を拠点にする高級デパート「サックス・フィフス・アベニュー」から流れてきた商品を扱っています。上記の2つよりも高級路線でプラダ、セリーヌ、フェラガモなどのブランドも多いです。

男性用品、子供服、インテリア雑貨なども豊富にあります。

個人的におすすめなのはサングラスの種類が多いこと。

アメリカでは外出や旅行にはサングラス必須!という場所が多いのでひとつお気に入りを持っておくといいですね。

 

渡米直後に新生活用品を揃えるなら…

紹介した中で生活用品を揃えるなら、まずはTargetWalmartに行くのがおすすめです。

その上でMarshallsT.J.Maxx、Tuesday Morningなどに行って価格や取り扱っている商品を比較するといいでしょう。

私は最初Targetで一度に買ってしまったのですが、後に買い足しや買い替えをするときは後者を利用しました。

キッチン用品、シーツ、インテリア用品、家具など我が家はディスカウントショップ購入品で溢れていました。

 

ディスカウントショップ巡りが楽しい!

これらのディスカウントストア知ってからは「何か良いのが見つかるかも!」と、定期的に近所の店舗を訪れるようになりました。

オフシーズンのものやワケあり商品の中から、掘り出し物を見つけるのは宝探しゲームのような感覚です。

頻繁に商品が入れ替わるのも足を運ぶ理由と言えます。

アメリカ生活で是非一度利用してみて下さいね。

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。