記事を投稿してギフト券をもらおう!

上海駐妻が一時帰国の間にやっておくべきこと

またもや久しぶりの投稿になってしまいましたが、引き続き現在も日本滞在中です。

春節からかれこれ約2ヶ月、まだ上海帰国の許可が出ておりません。

上海自体はだいぶ落ち着いてきた様子ですが、現在は逆に海外からの受け入れに厳しくなっているよう。

帰国できるまでにはまだまだかかりそうです。

今回は、そんな一時帰国中にいつもやっておくことなどを書いていきたいと思います。

上海の街並みが懐かしい…

上海の街並みが懐かしい…

その①歯医者へ行く

上海の日本人向けの病院も特に問題を感じることはありませんが、やはり歯医者は通い慣れたところに行きたいもの。

一時帰国のたびに、検診とクリーニングには通うようにしています。

日本の保険証がないので、日本での治療代は10割負担。

そのため、建替え費用が結構かかりますが、歯医者に関しては一時帰国中に行くと決めています。

 

その②戸籍謄本などの証明書を入手しておく

日本に帰国した際は、携帯を変えたり、運転免許証を更新したりと、日本でしかできない手続きがいくつかあります。

その際に必要となるのが、戸籍謄本などの証明書です。

気づいたときにすぐに手続きに行けるように、無駄になっても良いので毎回2枚ほど準備するようにしています。

 

私はいつも郵送で発行依頼をしています。

各市役所のホームページに、申請書のフォーマット等、詳しい案内がありますので気になる方は確認してみてくださいね。

こういった証明書の有効期限はだいたい3ヶ月なので、入手しておくと何かと役立ちます。

 

その③運転免許証の更新

うっかり忘れてしまいがちな手続きのひとつに運転免許証の更新があります。

通常、運転免許証の更新は、誕生日月の前後1ヶ月の期間内が更新期間となりますよね。

 

ただし例外として、海外に在住しているなどのやむを得ない理由がある場合は、更新期間前に更新を受けることができるんです!

その際には、「滞在証明書」という書類が必要でした。(実家の世帯主が、この住所にこの人が一時的に滞在していますよといった内容を記載したもの)

必要な書類等、詳しい情報は各地の警察署のホームページなどチェックしてみてくださいね。

うっかり期限切れとなってしまうと、その後がとても面倒なので、一時帰国中に済ませておくことをおすすめします!

 

その④美容室に行く

時間に余裕がある場合は、美容室にも行くようにしています。

理由は、もちろん価格です。

私が通っている上海の日系美容室は、カットが500元(日本円で約7,800円!)日本であれば約4,000円くらいでできるので、やっぱりできるだけ日本で済ませておきたいです。

カットとカラーになると1,000元(日本円で約16,000円)なので、日本の方が5,000円くらい安いですよね。

仕上がりも、やっぱり日本の方が丁寧で安心です。

上海でおすすめの日系美容室はこちら

上海でおすすめの日系美容室はこちら↑

 

その⑤人間ドック

これは主人の会社での決まりでもありますが、年に1回は人間ドックを受診するようにしています。

もちろん上海の日系病院でも人間ドックはできますが、婦人科系の診察機会や胃カメラ等はやはり日本の方が安心感が違います。

人間ドックで気になる結果があれば、そのまま専門の科で診察をしてもらうようにしています。

海外在住であることを伝えると、病院でも滞在期間中に診察が完了するように配慮してもらえることが多いですよ!

 

その⑥番外編:クレジットカード付き銀行キャッシュカードに注意!

これは番外編になってしまいますが、クレジットカード機能付きの銀行キャッシュカードを持っている方は気をつけておいてほしいことです。

銀行の住所変更は、一時帰国の際の滞在先に変更していますか?

私は、変更を忘れてしまってそのままになっていました。

その後、クレジットカードの有効期限が来てしまうので、新しいキャッシュカードが以前の住所に送られてしまい受け取ることができませんでした。

その場合は銀行の窓口い行って住所変更をする必要があるのですが、海外に居ると窓口に行くことはできません。

そうすると、新しいカードを受け取ることができないので、クレジットカードはもちろんのこと、そのキャッシュカードまで使うことができなくなるんです!

 

結果、日本円の引き落としも預け入れもできない!という状況になってしまいました。

銀行の窓口では、住民登録カードや通帳、印鑑が必要となるそうです。

一時帰国の際は、日本の銀行の通帳や印鑑なども念のために持って帰ることをおすすめします。

また、クレジットカードの有効期限もいまいちど、確認しておいてくださいね!

 

まとめ

上海のカフェが恋しい今日この頃

上海のカフェが恋しい今日この頃

以上が、日本滞在中にやっておくと良いと思うことです!

今回のような長めの日本滞在は例外ですが、みなさん1週間〜2週間くらいの一時帰国になることが多いと思います。

時間も限られているので、前もって予定を決め、やることをこなしていく必要があります。

少しでも短い滞在期間を有効にこなすために、参考にしてみてくださいね。

次回は、一時帰国の際に買って帰った方が良いおすすめのものもご紹介したいと思います。

 

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。