記事を投稿してギフト券をもらおう!

駐在妻がホームシックになった時の対応法5選!

海外在住の駐在妻の方がホームシックになってしまうという話、たまに聞きますよね?

 

新たな環境の中での暮らしということで、知らず知らずのうちに疲れが溜まってしまっていたり、

ふとした時に日本が恋しくなってしまうなんていうことは、誰にでもあると思います。

 

筆者自身はそんなにホームシックになるタイプでは無いのですが、私が仲良くしているお友だちの中には時々ホームシックになっている人も居ます。

今回の記事では、海外でホームシックになってしまった時の対応策について紹介していきます!

 

(1)躊躇せずに日本にいる家族や友だちとビデオ通話をする!

当たり前のことではありますが、やっぱりメールやラインのやりとりだけでなく、直接電話をするのが一番だと思います!

 

「時差があるから電話をするのは憚られる・・・」という話も聞かれますが、

日本と海外で半日ほどの時差があったとしても、必ず1日の中で連絡が取れる時間というのはあると思います。

その為、寂しさを感じた時には躊躇することなく、連絡を取るのが一番だと思います!

 

昔は国際通話が高額で障壁が高かったと聞きますが、

今はラインなどのアプリを使えば無料で国際電話をすることが可能な時代!

ビデオ通話機能を使えば、互いに顔を見ながら話すことだって出来るのです。

 

私の場合も祖父母に連絡をする時は通話のみですが、家族や友だちと電話をする時にはビデオ通話を利用することが多いです。

やっぱり相手の表情を見て話せると、心が落ち着くものです。

たまにするビデオ通話のおかげで、ホームシックにならないでいられているかもしれないです。

 

(2)奮発してでもプロによる故郷の味を堪能する!

ホームシックになる理由の一つに、「食」があります。いわゆる“日本食シック”というのは、私自身にも経験があります。

 

私は元々お寿司や海鮮が大好きなのですが、シカゴでは美味しい海鮮を食べることが出来ません。

近所にもアジアンフュージョンで“SUSHI”がカジュアルに食べられるようなレストランはあるのですが、やっぱり違うんです・・・。

 

そんな時に日本で食べていたようなお寿司が無性に食べたくなり、

主人の誕生日に合わせて少しお高めの日本人の方が握るお寿司屋さんへ行ったことがあります。

 

もちろん家で和食を食べたり、お味噌汁を飲んでいる時にもホッとするものですが、

お店で本格的なお寿司を食べた時の幸福感には代えられず、その時ばかりはまるで日本に居るかのような気持ちにさせて貰えたのです!

 

どうしても日本食が恋しくなったら、たまには奮発してプロの味を堪能するのも、経験上とても効果があると思いました。

職人が握るお寿司は絶品!

 

(3)我慢せずにカタルシス効果に身を委ねる!

 

“カタルシス”?と思われた方も多いかもしれません。カタルシス効果とは、

「心の中の不安感やモヤモヤを表現することで、晴らす」ことを指し、「心の浄化」を意味します。

 

私がアメリカで出会った外国人のお友だちの中には、この“カタルシス”が最も効果的だという人が何人か居ます。

一人は、人が少ない時間帯に湖沿いを散歩しながら、湖に向かって大声で故郷にいる家族への思いを叫んでいると言っていました。

 

もう一人は、あえてファミリー系の切ない映画を見ては故郷の家族を思い、声を出して思いっきり泣くのだと言っていました。

 

大声を出すにしても、思いっきり泣くにしても、間違いなくその“カタルシス効果”で、その後はスッキリするんだと思います。

 

 

(4)現地で楽しいと思える時間を増やす!

 

ホームシックになってしまう理由として、駐在妻の立場で「やることがない」とか「友達が出来ない」ということがあると思います。

 

私の場合、駐在してからESLのクラスに通うようになり、日本人・外国人問わず友だちが沢山出来ました。

そこで出来た友だちと親しくなってから、海外生活が一段と楽しく感じられるようになりました。

 

また、音楽が好きなので私は電子ピアノを買って家で練習したりしていますし、お菓子教室に通って腕を磨いている友だちも居ます!

楽しいと思える時間を増やすことで、寂しさを紛らわせることが出来るのです。

セールで、2万円以下で購入したピアノ。

 

(5)感情の共有が出来る理解者を大切にする!

駐在妻の方がホームシックになる時には、孤独感や孤立感を感じていることが多いと思います。

だからこそ、一緒に生活している夫や子どもだったり、気の合う現地の友だちとの対話がとても大事だと思います。

 

ついつい無理してしまうこともある海外生活だと思いますが、時には肩の力を抜いて、思いっきり家族や友人に甘えてみても良いと思います。

自分の気持ちをしっかり伝え、感情を共有出来ることでリラックス出来るはずです。

 

常に前向きでいるのは時に容易ではないですが、誰しもがその多寡に関わらずホームシックになるものだと思います。

そんな時には、ぜひ思い出してみて下さい。

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。