記事を投稿してギフト券をもらおう!

ガーナ渡航前の細かい「?」を解消~ガーナ生活のあれこれ~

私は日本に帰国して数か月たちました。

帰国前後にちょうど後任の方と何が必要かを連絡していて、「そうか。こういうの分からないよね」と思うことがあったので、以前、これだけは持ってきた方が良い!の話をしましたが、荷物にまだまだ余裕があると思うので、今回はそのプラスの情報です。

ただ、現在、ガーナも新型コロナのせいで、人の行き来ができなくなっていて物流も変化しているかと思います。

以前のような状況ではないでしょう。これはいつか元の生活が送れるようになって、帯同できるようになった時の参考として、読んでください。

 

以前の記事↓

必見!ガーナ駐在妻からの伝言~これは日本から持ってきた方が良い!!~

ガーナでの日常生活をイメージして渡航準備をしますが、「これは必要?」と、なかなか聞けない細かいことがあると思います。

今回はそんな疑問を解決します!

洗濯物はどうやって乾かす???

住むマンションによりますが、ベランダで干せなくて部屋干ししたり、家具家電つきのマンションなら乾燥機付き洗濯機で一気に乾かす方法があります。

洗濯物を干す場合、日本みたいな物干し竿はありませんが、スタンド式の洗濯干しがついています。

それを使いますが、便利グッズの洗濯ばさみがついてる小物干しは無いです。中国のお店で見かけた記憶ですが、不安であれば持って行ってください。

このスタンド式の物干しですが、洗濯物同士の距離が近いので、分厚い生地はなかなか乾きません。たまに場所入れ替えたりして調整します。

これが我慢できない人は、乾燥機にかけちゃうか、洗濯ロープを使ってみるとかでしょうか。

雨期の時期やハマターンがすごい日は外干しはできません。結構、お手伝いさんが乾いていないのに、アイロンで乾いたことにしてる場合があるので、怪しい場合はチェックを!

以前、お手伝いさんがジーンズをアイロンしてて、かなり厚かったので「乾いてた?」と、

触ってみたらめちゃくちゃ湿っていたことも。。。この状態でしまったら、確実にカビが生えます!

 

ちなみに、ガーナのドラム式洗濯機での洗濯は結構傷みますので、洗濯ネットは必須です。

 

掃除道具

掃除機はマンションによっては借りれたり、自分で買ったりしますが、モップやほうきは備え付けのものがあります。お手伝いさんがいなくて自分でモップ掛けが大変という場合は、クイックルワイパーが便利でしょう。

ガーナにはないので持っていかないといけませんが。

私もお手伝いさんがいますが、毎日は来ないので、クイックルワイパーを使ってました。

特にハマターンの時期は、すぐ床が砂だらけになるので・・・・。

 

モップ掛けやトレイ掃除などの洗剤はガーナで売っています。

 

ただ、トイレの便器はもとから黒ずんでて、どうやってもきれいにならない。

たぶん陶器が良くないんだけど、他の家に行ってもそうだから、諦めました。

ちなみに、海外のトイレの便座は冷たいです。乾期は冷たくて良いですが、雨期はちょっと冷ってするかも。100均でも買える便座シートがあれば、だいぶ違います。

 

油や調味料

料理につかう食用油はガーナで買えます。種類が多くてガーナ産はやけに茶色なので、フランスの輸入品を使ってました。

ただ、日本みたいなサラダ油ではないので、ドレッシングに使うのはやめていました。野菜に使うならオリーブオイルか、ごま油かな(私は日本から持参していましたが)。

何回か揚げ物をした油は、お手伝いさんが持って帰るので渡していました。油は高級品なので。

ちなみに調理器具も備え付けでありますが、日本独特の炊飯器や茶わん、お箸などはついてないですよ。

調味料もここ1、2年程度で、普通のスーパーに醤油も売られ始めて、だいぶ発展しています(値段は置いといて)。

ドライヤーなどのお風呂グッズ

海外旅行によく行かれる方は気づかれるかと思いますが、日本のホテルのようにドライヤーもあって、歯ブラシもついてるホテルはなかなか海外ではありません。

もちろん、さすがの外国人マンションにもないので、持参しましょう。

海外旅行に行くときも持っていくと便利です。

寝具

ベッドもシーツもついていますが、もし枕にこだわりある方は持参を!

 

クローゼット周りや臭い関係

どれだけ収納できるかはマンションによって違います。ハンガーもついてたりします。

ハンガーがついてなくてもガーナで購入可能です。帰国するひとや前任者からもらったりもするので、だいたい足ります。

あと、湿気が多すぎるので気休めにしかならないですが、一応服用の湿気取りは持ってきても良いかも。そして服やベッド、ソファーのダニ取り関係。

 

靴箱も日本と違って玄関ドア開けてすぐリビングで臭いが気になるので、靴箱用ファブリーズを置くだけでかなり違いました!

屋内用スリッパもないのでぜひ持参を!滑るかもしれないのでそれだけは気を付けて!

さいごに

今回の話は新型コロナ流行前の話です。正直、今どのような生活か分かりませんが、帯同されていた家族はほとんどの方が帰国されたと聞いています。

また、ガーナに帯同できる日が来た際は、直近で駐在している方にご確認を!

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。