記事を投稿してギフト券をもらおう!

バンコクの水道水は飲める?料理・歯磨き・お風呂の水はどうする?バンコクの水事情

日本は水道水が飲めるけど、海外は飲めない、というのが定説。

もちろん例外はあれど、タイは例外ではないっぽいですよね?

実際のところはどうなのでしょうか。

バンコクの水事情についてご紹介していきます。

 

浄水技術は日本と同等。でも・・・?

タイの浄水技術は日本と同等だと水道局から発表されています。

実際に浄水場の水は飲めるようです。

が!水道管が古く汚いのがバンコク。

そのため浄水場からバンコクのアパートの各部屋に水が届くころには

飲むには程遠いほど汚くなっているのがバンコクの水道水です。

そのため、水道水は飲むことができません。

 

水道水はお料理に使えるのか

水道水が飲めないというのは上に書きましたが、

ではお料理には使えるのでしょうか。

こたえは「使える」のようです。

 

以前、小さなタイ料理屋を訪れた際、浄水器などは見当たらなかったのですが

水道水を鍋に入れ、そのまま作ったスープが出されました。

 

最初は食べることに躊躇していたのですが、

他のものを食べているうちにすっかり忘れスープは完食。

その後、お腹をこわすこともありませんでした。

後で調べてみたのですがバンコクの水道水は沸騰させれば飲むことができるそうです。

 

実際に家庭内でつかっている水の事情

では実際に我が家では水道水は使っているのか、

どんな使い方をしているのかをご紹介したいと思います。

 

飲用、料理にはミネラルウォーター

バンコクでは水道水を直接飲むことはできないので

何かしらの対策が必要です。

一般的なのは、浄水器を置く、ウォーターサーバーを使う、

ボトルのミネラルウォーターを使う、の3種類があります。

 

我が家では3番目のミネラルウォーターを使う、というものを選択しています。

タイの浄水器の精度が信じられなかった、

ウォーターサーバーは衛生面のメンテナンスが大変そう

という消去法で決めました。

 

月に2回ほど1.5リットル×6本のペットボトルを6セットほど購入しています。

金額は1セット50バーツほどです。

うちはスーパーに買いに行っていますが、

タイはデリバリー文化が発展しているので

部屋まで届けてもらうこともできますよ。

 

手洗い、歯磨き、洗顔は水道水

体に直接触れたり口に入れたりするもののうち唯一、水道水を使っているのがこちらです。

WHOはタイの水道水は口に入れることは危険ではない、としています。

歯磨きの際に少量飲み込んでしまうことについては問題がない、ということなのだそうです。

ただ、今年の頭にあったのですが、たまに水道水の塩分濃度が異様に高くなるのがバンコクの水道です。

その水で洗顔してしまうと肌荒れにつながってしまうこともあるので気を付けたいものです。

気を付けてもどうしようもできないのですが・・・笑

 

お風呂、シャワー

日本の水道水は軟水ですが、タイは硬水です。

硬度で書くと日本では埼玉県熊谷市、千葉県木更津市を除いては

硬度100mg/L未満、その多くが50mg/L未満ですが、タイは硬度約120mg/Lです。

 

そのため、強い金属アレルギーのある私は肌荒れが酷かったり、髪がキシキシしたりします。

その対策として軟水器をお風呂場のシャワーに使用しています。

シャワーヘッドを取り換えるだけの簡易的なものですが、大分良い感じがしています。シャワーヘッドを交換するだけの軟水器

ただし軟水器を付けた場合、日本で売っているような軟水用の

シャンプー、コンディショナーの方が使用に適していると思います。

 

その他

その他に水を使うのが食器洗いや洗濯などです。

上で書いたようにタイの水は硬水のため、

日本よりもかなり水垢が付きやすいです。

食器洗いも日本の食器洗剤は使えず、専用のソルトが必要となります。

また衣類やタオルも洗濯すると日本よりもはるかに激しく傷みます。

洗濯については軟水器をつけても効果がないと聞いたので、

諦めてユニクロなどの安い服を多用しています。

 

まとめ

タイの家庭に届く水道水は飲めません。

しかし、ミネラルウォーターは格安で手に入ります。

また、基本的には水道水は硬水ですが軟水器も手軽に入手できます。

それぞれのご家庭によって適したものを選べると良いと思います。

 

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。