記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ駐在】イースターで春の訪れを楽しもう!エッグハント準備や過ごし方

近年、日本でもイベントの一つとして知名度が上がっているイースター。

春が近づくとカラフルな卵にウサギやヒヨコのグッズが出回っていますね。

でも実際のところイースターってどんなお祭りなのでしょうか?

今回はアメリカでのイースターの楽しみ方、過ごし方を紹介したいと思います。

 

イースターの由来や時期

イースターは十字架にかけられて亡くなったイエス・キリストの復活を祝うお祭りです。

数々の奇跡を起こしたキリストの最大の奇跡と言われ、キリスト教では最も重要な日とされています。

また、厳しい冬を越えて新しい命が芽生える季節とも重なって、春を迎える行事にもなっていると言えます。

 

余談ですがイエス・キリストが処刑された日はグッドフライデーと呼ばれ、学校や勤務先がお休みになるところが多いです。

イースターはいつ?

イースターの日にちは毎年変わるのが特徴です。

3月の春分の日が過ぎてから、最初の満月のある次の日曜日となっています。

3月下旬~4月下旬の間にお祝いされることが多いです。

 

定番の動物、イースター・バニーと卵はどこから?

イースターと言われればウサギと卵を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

先日紹介したマルディグラ(カーニバル)は断食期に入る前のお祭りです。

イースターまでの断食期間は肉や卵を食べることが禁じられていたため、解禁されると人々は盛大にお祝いして食べていたようです。

昔の風習がイースター・エッグを生み出し、それを運ぶのがイースター・バニーです。

ウサギは多産で子孫繁栄の象徴であり、新しい命と春のイメージが重なってイースターと紐づけられたと考えられます。

 

ショッピングが楽しくなる♪ イースターグッズに夢中

バレンタインの頃から街中でもイースターグッズを見かけるようになります。

インテリアデコレーション、食器、テーブルウェアなど春らしいマカロンカラーに彩られたグッズはどれも可愛くて集めたくなってしまいます。

ショッピングモールやクラフトセンターに行くとつい手に取ってしまい、毎年買い足していました。

また、スーパーには卵型のチョコレートや人参型の袋に詰めたお菓子が並びます。

子供ができてからはうさぎやひよこモチーフの洋服を選ぶのも楽しかったです。

アメリカではイベントや連休にかこつけてしょっちゅうセールが行われるので、

イースター期間は季節の変わり目と共にショッピングも楽しい時期です。

 

イースター関連のイベント

イースターの2週間くらい前になると関連イベントが開催されます。

ショッピングモール、地域コミュニティ、教会、習い事教室が主催していて無料で参加できるところが多いです。

週末にイベントを開催する公園やショッピングモールは、参加者で賑わっています。

  • エッグハント
  • イースターバニーとの記念撮影
  • 卵のペインティング

これらは子供向けのイベントが多いので参加者は家族連れがメインですね。

私はこうしたイベントに参加したのは子供が生まれてからですが、無料とは思えないほどサービスのクオリティが高くて驚きました。

 

エッグハントに挑戦!

エッグハントの基本

エッグハントのルールは簡単です。

合図と同時に決められたエリアで卵を探し、準備してきたバスケットや袋に入れていきます。

広場に卵をばら撒いて拾う形式と、隠された卵を探し出す形式があります。

主に前者は低年齢層向けで、後者はキンダーから小学生向けです。

年齢別の争奪戦

ある程度の規模のイベントならエッグハントは年齢別に分かれています。

  • 0~1歳
  • 2~3歳
  • 4~5歳
  • 6歳以上は一括か学年ごと

という具合でしょうか。

これも厳密に年齢区分はされておらず、兄弟と一緒に違う年齢の子が参加しているのもしょっちゅうです。

子供の人数が多くて大人の付き添いが足りない場合もあるので仕方ないのでしょうね。

 

卵の中に入っているものは?

卵の中に入っているものは実に多様です。

中には用途がわからない不思議なものが入っていることも…。

  • ステッカー
  • ボディタトゥ
  • おもちゃ
  • 蛍光リング
  • お菓子(キャンディ、チョコ、グミ)

子供が参加したエッグハントではステッカーとお菓子が入っていることが多かったです。

 

スクールでもイースターイベント&エッグハント

プリスクールや小学校だとイースター休暇の週に学校でもイベントを行います。

クラフトを作ったり、エッグハントをして楽しみます。

事前に学校から準備するものの案内が届くので、当日忘れないように子供に持たせます。

 

 

我が子の学校では各々卵10個と中に入れるお菓子やおもちゃを準備するように言われました。

学校によってはステッカーのみというところや、お菓子の中身も細かく指定するところもあるようです。

私は小さい子供には甘いお菓子を入れても食べられないんじゃないかな?と思ってステッカーや小さいヒヨコを入れて準備しました。

が、お迎え後に子供のバスケットと卵の中身を確認してびっくり!

チョコやキャンディなどこの年齢で食べさせたくないお菓子ばかり入っていました。

卵のケースだけ残して中身はこっそり捨てました。

 

卵のケースやバスケットはどこで購入すればいい?

イースターが近づくと、Party Cityやスーパーマーケット、CVS等にイースターコーナーが設置されます。

エッグハント用の卵ケース、中に入れるお菓子やおもちゃなども一緒に置いています。

卵の大きさや色も実に豊富です。

バスケットも同様の場所で購入できます。

プラスチック製、布製、木製と材質や形も選択肢が多くて迷ってしまいます。

 

イースター当日の過ごし方

キリスト教徒は教会へ行った後、家族や友人と過ごし、一緒に食事をするのが一般的な過ごし方です。

聖書を読んでキリストの死について考えたり、語り合ったりするようです。

 

ではキリスト教徒以外はどうするのかと言うと、旅行に出かけたり、家族で食事をしたりします。

この機会にフォーマルな服を着て家族写真を撮るという家庭も。

教会はキリスト教以外の参加者もウェルカムなので、宗教とは関係くイベントに参加することもできます。

 

また、祝日なのでクリスマスやサンクスギビング同様、休業日になっているところが多いです。

 

教会でのイベント

教会では子供が楽しめるアクティビティを多数用意しています。

  • エッグハント
  • ミニ動物園
  • フェイスペインティング
  • 空気が入った滑り台やトランポリンなどの遊具
  • シャボン玉
  • イースター・バニーとの写真撮影

私が参加した教会では、最初にイースターに関する子供向けの話や歌を紹介し、エッグハントを行った後は自由に過ごしていました。

教会会員やキリスト教以外の人に向けての布教活動の一環でもあるのかな、と思います。

お菓子やジュースも無料提供しているので子供は楽しく過ごせます。

ミニ動物園

イースターブランチ

レストランやカフェではイースター限定のブランチメニューを提供しているところもあります。

料理を作ったり、ケータリングを注文して自宅で食事をする人もいますが、外食の方が手軽ですよね。

コース料理やブッフェでメニューのラインナップを見ると充実しています。そして予約制のところが多いです。

お値段も高めなので我が家は在米中に1回行っただけでした。

 

イースターの服装

教会や食事に行く場合、セミフォーマル程度の服装をしている人が多いです。

男性であればシャツにネクタイ(ジャケットやベストを着ている人も)、女性ならワンピースというスタイルです。

子供達もイースター仕様の服装で普段よりもおしゃれをしています。

黄色、緑、ピンクなど明るめのカラーでコーディネートし、服装を見ているのも楽しいですよ。

 

おわりに

アメリカのイースターの様子が少しは伝わったでしょうか?

パレードや仮装大会などのイベントが行われる地域もあるようです。

お住まいの地域のイベントやセール情報を得て、楽しいイースターを過ごして下さいね。

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。