記事を投稿してギフト券をもらおう!

【中国旅行者、出張者向け】支付宝(TourPass)の返金の手続きの仕方、【これから駐在される方にも】明細の確認方法

皆さまお久しぶりです。新型コロナウイルスが世界中に蔓延している中、

上海の楽しい記事を書くのは、ちょっとなーと思うところもあり、様子を伺っておりました。

年末年始に上海に行った記事を書きたいところですが、今は、遠慮させていただき、今回は、支付宝(TourPass)の返金方法と、明細の確認方法を書いてみたいと思います。

明細の確認方法は、これから駐在される方にも使えるかと思います!

支付宝(TourPass)の返金方法

以前、旅行者にもスマホ決済「支付宝」が使えるようになった記事を書きました。

その時の記事はこちら↓

【朗報】外国人旅行者や出張者でも中国でスマホ決済「支付宝(Alipay)」を使うことが可能に!!その設定方法分かりやすく解説します。

駐在されている方は、中国の電話番号や銀行口座と紐づけることで、設定ができるのですが、旅行者、出張者はできませんでした。それが昨年クレジットカードで登録でき、チャージもできる。ということだったんです。

では、チャージから90日経ったら、余った残高の返金はどうなるの?自動的返金される?

自動的に返金されないんです!!

てっきり、勝手にクレジットカードに戻るものと思っていました。

でも簡単!ひと手間だけいります。

 

私の場合、残高は、1.90元でした。

 

90日経つTourPassが凍結されている表示がでます。赤く囲んでいる部分をクリック!

このような画面が出ます。私の場合ですが、内容は、

  • チャージ残高の有効期限が2月15日まででした。
  • 今後もチャージして使う場合は、Re-activete
  • もう使わないのであれば、Refundを選ぶ
  • 返金は、元のクレジットカードに振り込まれます。
  • Bank of Shanghai によってお金をチャージした際の手数料は、返金出来ません。

返金処理したいのでRefundをクリック

たったこれだけです。残高は、0になりました。

数日後、クレジットカード明細に上がっていました。

1.90元=30円返金されています。(1元≒15.78円)

返金処理したのが、2月だったのですが、なぜか利用日12月31日になっています。来月の明細で戻って来るようです。

これでひとまず安心です。

次回から手数料が5%もかかるので、支付宝を使うべきか悩むところではありますね。微信支付に頼ろうかな・・・

TouPassを使った明細の確認方法

いつ、いくら使ったか知る方法です。銀行の通帳のような役割

支付宝のトップページにある、「记账本」をクリック!

 

確認したい年月を合わせると、決済した順に出てきます。

各々支払った項目をクリックすると、中国語で書かれた店舗を自分の分かりやすい名前に変更することができます。

また同時に、オレンジのマークも、適宜変更することができます。

駐在される方の明細の確認方法は?

中国の携帯電話や銀行口座を登録して支付宝を使っている方は、

账单をクリックして確認できます。

各々の項目をクリックして詳細が出ると、下の方に、

账单分类→飲食、服飾美容、生活品、交通費、など変更できます。

标签和备注→メモ欄 店名や商品名を書いておくと便利です。

 

记账本の类别报表を押すと・・・

「类别报表」をクリックすると、何に多く支払ったか円グラフで分かるようになっています。

12月たった4日間で908.60元も使っていました(^-^;

収支が一目で分かるので、便利ですね~。

中国で生活するなら、支付宝と微信支付はマストアイテム

数年前まで、現金と銀聯カードしか使えなかった中国。

スマホの普及によって一気にキャッシュレス化しました。

こういうIT関係は、日本より進んでいるような気がします。

私も、日本でスマホ決済を利用していますが、大金をチャージするのは、まだまだ抵抗があります。

中国のように、日本がほぼキャッシュレス社会になるには、一体何年かかるのでしょうね?

覚えておくと便利な中国語

「那已经是很久以前的事情了。」

「nà yǐ jīng shì hěn jiǔ yǐ qián de shì qíng le。」
「ナー  イージンシー  ヘンジョゥイーチェンダ  シーチンラ。」
「それは、もうずっと前のことです。」

携帯のなかった時代、トイレの扉のないニーハオトイレがあった時代、SARSがあった年など、それはもうずっと昔のことですね。

 

 

いいね 1
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。