記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アジア人差別はある?】ノルウェーの新型コロナウィルス状況

現在世界各国で感染が広がっている新型コロナウイルス。

ヨーロッパでも感染者が増えていますが、ノルウェーは現在どのような状況なのか、

街や交通機関でアジア人の差別があるかなどお話したいと思います。

 

ノルウェーでの感染者33名(※2020年3月3日現在)

ノルウェーで初のコロナウィルス感染者は2月26日に1名確認されました。

なんと感染者は私が住んでいるトロムソ在住のノルウェー人女性でした。

女性は中国の感染地域に渡航歴があり検査をしたところ、新型コロナウイルス陽性が確認されたとのことです。

女性には症状は出ておらず、現在は自宅療養中で他への感染の可能性は低いとのことでした。

 

その後、オスロなどで感染者が確認され2月28日までに7名の感染が確認されました。

2月29日には新たに8名の方の陽性が確認、3月1日に4名、3月2日に6名、3月3日にさらに8名の感染者がでました。

 

3月3日現在、合計 33名の感染が確認されています。

(オスロ7名、アグデル3名、ローガラン1名、トロムソ・フィンマルク2名、ヴェストラン12名、ヴィーケン8名)

重病患者はいません。自宅で隔離されており、それぞれの自治体の医療機関が経過観察しています。

 

ほとんどのケースがノルウェー国内で感染したのではなく、国外の感染地域に起因しているとのことですが、

1件はオスロ大学病院での発生と関連しているとのことです。

 

今回発症した方はいずれも中国やイタリア、イランなど感染者の多い国に渡航歴があり、帰国後発症したケースが多いようです。

現在ノルウェーでは中国など感染者の多い国でも入国の制限はしていません。

また空港での検疫や体温測定もおこなっていません。(感染リスクの高い方には検疫を推奨しています)

これらは、コロナウィルスは潜伏期間が長く、また症状がない方もいるため、

空港ですべての人のチェックをするのは効果がないと判断して行っていないようです。

 

現在の街の状況・マスクは使わない!

トロムソには現在も観光客がきています。

アジア(韓国・日本)・ヨーロッパから来ている方が多いです。

 

特に街を歩いていて今までと変わったところは見られませんし、

ショッピングセンターでも以前と変わらず人がたくさんいました。

 

写真をみてわかるように、ノルウェーではマスクをしている人はいません!

日本では感染予防にはマスクを使用するというのが当たり前だと思いますが、

こちらでは顔を隠していることはあまり良い印象ではありませんし、マスクをしていると重病者であるイメージがあります。

 

また、ノルウェー人がマスクを使用しないのはマスクをする習慣がないからだけでなく

マスクの使用が推奨されていない

という理由もあるからです。

 

ノルウェー公衆保健研究所(FHI)の記事では、

『マスクを使用している際はマスクや顔に頻繁に触れる傾向があり、医療機関以外の一般の人が正しい使用方法を知らずに使用すると感染のリスクを高める可能性がある。』

『自分が病気である場合はマスクをすることで他への感染を防ぐことができるが、健康であり感染の予防目的に使うのであればマスクは向いていない』と書かれています。

なので予防のためにはマスクよりも手洗いやアルコールでの消毒が勧められています。

 

FHIでは感染を防ぐ習慣については

・手洗いの徹底

・くしゃみや咳をする時はティッシュを使用すること

・ティッシュがない場合は手で口を覆うのではなく肘を曲げて口に当てること

・アルコールなどで手の消毒をすること

以上の4点があげられています。

 

感染予防についてはノルウェー公衆保健研究所(FHI)のホームページで詳しく説明してあり、コロナウィルスの最新情報も確認できます。

FHI 「一般向けのアドバイスと情報(英語)」

 

マスクは売っていないようでしたが、抗菌ハンドジェルや除菌シートなどは薬局・スーパーで売っているのを見かけました。

トロムソで感染者が出た後にいくつか薬局に行ってみたのですが、

一部ではハンドジェルが売り切れているところがありました。

 

ノルウェーでのアジア人差別はある?

コロナウィルスの感染が拡大するにつれて、一部の国ではアジア人が心ない言葉をかけられたりと差別の問題が増えてるとニュースやSNSでよく見かけます。

 

日本に住む家族や友人からも、差別とかない?大丈夫?と心配されましたが、

ノルウェーではそのような差別はありません

 

ノルウェーは男女平等社会で知られているように、さまざまなことにおいても平等です。

また移民や難民を多く受け入れており、宗教・国籍などにおいて差別されることなく、すべての人々に同等の権利が保障されています。

このように個人を尊重し、平等に扱うことが根付いているノルウェーでは差別を受けることはほどんどありません。

 

お店で買い物をする際も店員さんは話しかけてくれますし、困っていたらノルウェー人は助けてくれます。

コロナウィルスの感染が広がった後と前で変わったことはありません。

 

私は現在ノルウェー語学校に通っていますが、様々な国の方がいます。

今回コロナウィルスの感染者が日本で増えた際はみんな心配してくれましたし、ノルウェー以外の国の方でも差別をしてくる人はいません。

 

バスは前回の記事で書いたように、ノルウェー人はパーソナルスペースを大切にして好んでひとりで座るので、

アジア人だから避けられているということではないので誤解しないでください!

混んでいる際は隣に座ってくることがありますし、公共交通機関を利用してても特に差別的な態度をとられたことは今までで一度もありません。

 

なのでノルウェーに来る方は安心してきてくださいね。

差別があったという悲しいニュースばかりを目にしますが、すべての国で差別があるわけではないこと

ノルウェーのように海外には心優しい方がいることを知っていただきたいです。

 

まとめ

・ノルウェーの新型コロナウィルス感染者は33名(2020年3月3日現在)

・症状が深刻な感染者はいない

・ほとんどのケースがノルウェー国内で感染が広がったのではなく、国外の感染地域に起因している

・マスクの着用は推奨されておらず、マスクを使用している人はいない

・マスクは売られていないが、薬局やスーパーで抗菌ハンドジェルや除菌シートあり(一部の店舗では売り切れ)

・差別などはなく、街の様子も普段と変わらない

 

 

いいね 3
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。