記事を投稿してギフト券をもらおう!

上海おひとりさまのすすめ【大学に通ってみよう!その② 入学手続きやクラス分け】

前回は、大学での中国語教室がオススメな理由やコースについてご紹介しました。(第1弾の記事はこちら

今回は、第2弾です。

大学の入学方法やクラス分けがどうやって決まるのか、教室はどんな感じか等々についてご紹介したいと思います。

春から大学生活はじめてみようかな~と検討中の方は、参考にしてみてくださいね。

 

入学手続きはどんな流れ?

手続きは、直接大学の窓口に行って行います。

申し込み期間は、日本人向け情報誌にも掲載されていますので、確認してみてください。

窓口の方は日本語も英語もOKの方がいるので安心。

ただ、会議中などで窓口に誰もいない!なんてこともあるので、直前に電話して行った方が確実です。

電話も日本語が話せる方に替わってくれるので、安心してかけてください。

パスポートと学費を払うための現金またはWechatや支付宝またはクレジットカードを持参します。

 

私は、クラス分けのテストと申し込みを一緒に済ませたく、クラス分けの当日に申し込みに行きました。

ただし、当日は整理券が配られ、待ち時間1時間くらいかかります。

整理番号順に、まずは学生カード用の写真撮影→ビザの確認→授業料の支払い→筆記テスト→面談テスト→クラスを確認→教科書をもらうという流れです。

支払いはオンライン支払いというシステムで、パソコン上で入金しました。

 

クラス分けのテストってどんな感じ?

クラス分けのテストは、筆記試験(約15分くらい)と先生との面談テスト(約5~10分)があります。

筆記試験の内容は、単語の並び替えが数問と単語を埋める問題がありました。

手続きが終わった人から教室に入り、机に置いてある紙のテストに記入し、終わったら採点の人に渡すという流れです。

教室には水とバナナがあって、ご自由にどうぞとなっていたのが印象的でした。

 

次に先生との面談です。面談では、いくつか中国語で簡単な質問がされます。

私の場合の質問は、

「上海に来て何年ですか?」

「あなたの住んでいる場所について教えてください。」

「上海は好きですか?好きな理由を教えてください。」

という質問でした。

その後、私の中国語レベルに合わせて教科書をいくつか見せてくれます。

そして、「この教科書を使うレベルのクラスがおすすめだけど、もうひとつ上のレベルのクラスでも大丈夫だよ。どっちにする?」と聞いてくれました。

私はおすすめされたレベルのクラスを選びました。そこで、クラスが決定です。

テストというと緊張してしまいますが、そんなにかっちりとしたテストではありません。

どちらかというと、相談会的な雰囲気なので軽い気持ちでいて大丈夫だと思います。

 

入学式はあるの?

短期間のクラスといえど、ちゃんと入学式的なことが行われました。大講堂で行われます。

駐妻の方向けというよりも、短期留学生をメインとした入学式なので、寮の決まりごとなどが紹介されていた印象です。

この入学式には参加していない人もたくさんいたので、不参加でも全く困らないと思います。

 

実際の教室の雰囲気は?

つづいては、実際授業が行われる教室です。教室はこんな教室でした。

座席は毎回決まってはいないので、自由に座っていましたが、意外と毎回みんな同じ席に座っていました。

各階にトイレもついていますが、休憩中はトイレが混み合います。

また1階にはカフェもあります。ドリンクだけでなく、パンやサンドイッチなどの軽食も。

みんな授業前にコーヒーを買ったり、休憩時間に利用していました。

 

まとめ

異国の地で大学入学の手続きを自分でするなんて、最初はハードルが高すぎて、とても億劫に感じました。

事前にネットで手続き方法やテストについて色々と調べましたが、意外と情報が少なくて困ったことを覚えています。

領収書の形式はどんなものか、いつもらえるのか等々細かい質問も多くあり、何度も電話をしたり直接窓口に通ったりしたことも思い出です。

あの時踏み出してよかったな、と今は思います。

次回は、クラスの雰囲気や授業内容についてご紹介しますね!

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。