記事を投稿してギフト券をもらおう!

ロンドン駐在が決まったらどこに住む?~治安・住宅事情~

海外駐在が決まってまず最初に悩むのが、「どこに住むか?」という問題ですよね。

日本での物件探しでは、南向きが良いなーとか浴室乾燥付きが便利!とか色々こだわりがありますが

海外だとそんな細かい希望は後回しになることがほとんどだと思います。

 

海外っていうだけで極端に治安が心配になったり、日本人の多いエリアは安心感があったり。

今回は去年私が経験したロンドンでの家探しのエピソードを交えながら、治安や住宅事情に関してお伝えします♪

 

ロンドンのエリア情報

ざっくりですが、ロンドンに住むなら治安面では中心部~北西部がおすすめです。

ほとんどの駐在さんは中心部のzone1エリアに通勤されると思いますが、

このあたりはびっくりするほどお家賃が高いです。ロンドンとパリは家賃の高さが世界トップだとか。

夫婦2人でこじんまり暮らすぐらいの1LDKで、£2000前後(現在のレートで¥300,000弱)はします。高い・・。

ゆったりとした2LDKだと£3000前後(¥400,000強)が目安です。

 

なので、駐在ファミリーはロンドン北部と西部のzone2~4周辺に住んでいる方が比較的多いです。

西部のウエストアクトンは日本人学校があり、ロンドンで最も日本人の多いエリアです。

「日本に住んでいるのと変わらない」という方もいるほど、日本食材店はもちろん、

日本人スタッフのいる美容院や医療施設も充実しているので英語が不安な方でも不便なく暮らせると思います。

 

北部にもフィンチリー地区という日本人の多いエリアがあり、私達はここに住んでいます。

ウエストアクトンよりはやや日本人の割合が少ない印象ですが、日本食屋さんも病院もあるので安心して暮らせています。

この辺りだと、少しゆとりのある1LDKで£1200~1500(約¥170,000~210,000)が目安になります。

それでも十分高いんですけどね~。

でも治安も良いし、過ごしやすいことは間違いないです。

北部、西部いずれもロンドン中心部まで地下鉄1本で行けるので、とても便利なエリアですよ^^

 

住宅基本情報

ロンドンにおける集合住宅のタイプのうち、日本のマンションと同じ様式なのが「パーバスビルトフラット」です。

3階建て以上であることが多く、管理人さん(ポーター)が常駐しているところもあります。

他には「コンバージョンフラット」というタイプもあって、

これは大きな一軒家をそれぞれのフロアごとに分かれて住めるよう改装されたものです。

シェアハウスとは違い、共用スペースはありません(もしくは玄関ドアだけ共通)。

多くの駐在さんはこれらのタイプに住んでいます。

 

部屋の間取りについては、1ベッドルーム、2ベッドルームという表現です。

これはリビングダイニングの他にいくつ部屋があるか、ということ。

そして大抵の物件がいわゆるユニットバスタイプです。

私は一人暮らし時代からバス・トイレ別が最優先事項だったので、

最初は嫌だな~と思っていたんですが、3日もしないうちに慣れました。笑

日本のユニットバスよりもかなり広々としているので、許容できる方も多いと思います。

 

そして内装に関しては、賃貸物件は家具家電付きであることがほとんどです。

これは駐在家族にとってはかなり有難い・・!

さらに契約時にオーナーさんと交渉すれば色々と買い揃えてくれます。

洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、電子レンジ、ベッド、テーブル、ソファ等はもちろん、

我が家の場合はドライヤーや掃除機、一通りの調理器具と食器、室内用物干し竿などリクエストしまくったら、ほとんど準備してくれました!

お皿やカトラリー類は10人家族か?!というぐらいたくさん用意されていて、持て余しております…^^;

 

家探しの振り返り&住みやすさ

我が家は夫のロンドン転勤に向けて、約2ヶ月前から家探しに取り掛かりました。

現地の日本人向けに物件を取り扱っている不動産屋さんから条件に合う物件をメールで送ってもらい、5件ほど比較検討しました。

まず最初に戸惑ったのが、間取り図というのが無いんです。なんでーー??

サイトにも各部屋の一部を写した写真がちょこっと載っているだけで、全体の間取りや広さが全然把握できないのです。

赴任前に家探しを兼ねた出張に行かれる方も多いと思いますが、夫のスケジュール的に不可能だったので

不動産屋さんにテレビ電話で部屋を見せてもらいました。なんて便利な時代。。

 

そうやって選んだおうちですが、住み心地はとても良いです!

一番気に入っているのはキッチン。すごく広くてコンロも4口あるので料理がはかどります♪

さらに大きいオーブンが付いていることが多いので、駐妻達はオーブン料理に目覚めます。笑

逆に最初のうち不便に感じたのは、条例で洗濯物が外に干せないこと。

毎日乾燥機使うのも電気代が気になるし、洗濯物が多い日は部屋のあっちこっちに引っ掛けて乾かしています。

部屋干しのせいでリビングにやたら生活感が出ちゃうのはやや気になりますが、

まぁロンドンのお天気はコロコロ変わりやすいので、そこを気にしなくて良いから楽かなーと今はこの文化にも慣れました。

 

海外で暮らすにはやっぱり「慣れ」が一番大事ですね☆

最初は受け入れられないことも、住めば都。

ロンドン駐在を控えられた方の参考になれば幸いです^^

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。