記事を投稿してギフト券をもらおう!

アメリカでも腕の良い美容師さんに出会いたい!美容院探しの旅【料金の相場・チップも】

駐在に帯同中の皆さま、一時帰国時のやることリストの中に「美容院に行く」がありませんか?

アメリカでは水質が違って髪の毛は痛むし、日本人の髪質を扱える美容師を探すのにとても苦労しました。

 

頻繁に帰国できる機会があればいいのですが、2度の妊娠・出産もあって5年間の駐在生活で一時帰国したのは3回。

そのうち1回は緊急かつ弾丸スケジュールでの帰国でした。

そんな理由で必然的にアメリカで美容院に通うことになります。

色んなタイプのサロンをさまよい、納得いく美容院が見つかるまでの道のりを紹介します。

キッズフレンドリーなところが多く、歩き始める前までは子連れで行ってました。

アメリカで腕の良い美容師に出会うのは難しい

在米期間が長くなるにつれて、海外で黒髪ロングの日本人女性が多い理由がなんとなくわかりました。

美容院に行っても満足できる仕上がりにならないから切りたくでも切らないんですよね。

迂闊に美容院に行っては痛い目にあうため次第に髪を切る回数が減り、カラーもしなくなり…

周りでも髪型を変えたいときは日本に帰るまで我慢しているという人が多かったです。

「放置されている髪で帰国して、美容師さんに驚かれる」という経験は私もありました。

日本の美容院に行くと「最後に髪の毛切ったのはいつですか?」「どんな風にオーダーしたんですか?」と半笑いか失笑交じりで聞かれます。

 

夫婦でお互いの髪型にショック…

 

出国前に美容院で髪を整えてきても、数カ月も経つと長さとボリュームが気になってきます。

記念すべきアメリカの美容院デビューはレビューサイトで評判の良い店を予約したのですが、結果は散々でした。

一方、夫は知り合いに紹介してもらったチャイナタウンの美容院へ。

揉み上げを短くカットされ、後頭部は刈り上げ。見事に中国人ヘアスタイルになって戻ってきました。

 

髪質の違い

渡米してから知ったことのひとつが日本人の髪質は他の人種とは違うということ。

例えば、同じまっすぐな髪の毛でも日本人と比べて白人は細く、ボリュームが少ないのだそうです。

そして硬さやハリも違うので同じ切り方をしても仕上がりは違う印象になってしまいます。

このような理由で日本人の髪質に慣れてない美容院に行くと日本人好みにならないのです。

 

 

日本人の髪質を理解している人に切ってもらいたい!

その願いを叶えるために、美容師探しが始まりました。

 

日本人美容師のヘアサロンに通う

日本人の髪を扱うならば日本人!ということで知り合いに日本人美容師を紹介してもらって2箇所に通ってみました。

結果は、日本人だからと言って腕がいいとは限らないということがわかりました。

 

押しの強い美容師

最初の方は仕上がりにムラがありました。

シンプルに長さを変えるだけなら良かったのですが、髪型を変えるときは依頼した髪型になる時もあれば、美容師さんがアレンジしてしまって希望とは違う髪型になることも。

一応希望のヘアスタイルがわかりやすいように写真を持って行くのですが、

あまり真剣に確認してもらえず「こっちの方が良いと思うけど、どう?」という風にゴリ押しも強かったので3~4回通って足が遠のきました。

 

昭和感漂うカット技術

2つ目は夫が先に通い始めたところで、女性もカットしていると聞いて試しに行ってみました。

ボリュームが出てきたので、長さは変えずに梳いて欲しいと依頼したところ、

なんと2か月前に日本でパーマをかけた髪をざくざく切り落とされました。

そして全然梳いてくれず、毛先は束になったまま。

茫然とした後で、文句のひとつでも言いたかったのですが、ニコニコしているおじさんを見ると言えない雰囲気に。

意図がうまく伝わってなかったのかもしれないので、修正を依頼しても対して変化なしでした。

在米歴30年以上のその方は、日本でも美容師の経験があるそうですが、

昔のスタイルをそのまま貫いている印象を持ちました。

当時、雑誌から選んで依頼したヘアスタイル

 

日本人に人気のアメリカ人美容師のヘアサロン

2つの美容院が満足できる結果にならなかったので、

次は日本人客も通っているというアメリカ人の美容院を予約しました。

自宅から高速道路を運転して30分。

英語でコミュニケーションを取れるか心配だったのでイメージ写真を持参し、カットとカラーを依頼しました。

カラーの仕上がりは満足したのですが、髪型が予想よりも重たかったので部分的に修正をお願いしました。

するとやり直しになるから別料金がかかると言われて驚愕。

友達からそんな話は聞いてなかったので、「新規だから舐められてる??」と考えてしまいました。

なんとか交渉して修正してもらったのですが、英語での的確な言い回しがわからず、微妙な違いを伝えるのに疲れました。

 

台湾系のヘアサロン

何軒か通って結局チャイナタウンの台湾系のヘアサロンに落ち着きました。

ご存知の通り台湾は親日家が多く、今でも日本の文化や流行りを取り入れています。

髪型も日本の芸能人や雑誌に掲載されているトレンドを真似する傾向にあるそうです。

それゆえ、台湾から日本へ留学したり、数年間日本の美容院で働いた経験がある人が大勢います。

日本語を勉強しているスタッフもいるので、お店によっては日本語も通じるところがあります。

サロンに置いてある雑誌も日本から取り寄せたものがあり、日本人客にも慣れていました。

 

カット、カラー、パーマと試してみて、日本と同等のクオリティかつチップを含めた値段も満足いくものでしたよ!

 

高級ヘアサロンなら技術は高い?

これは友達の体験談ですが、アメリカ人美容師でも高級サロンは腕が良いそうです。

カラー、カット、トリートメントを依頼して、日本と同レベルの仕上がりで満足だったそう。

料金は$350+チップで私が住んでいる地域では高い部類に入ります。

たくさんお金を出せばクオリティの高いサービスが受けられるということです。

元々庶民の私は満足いく髪型にはしたいけれど、そこまでお金をかけられないという気持ちがあり、

そのサロンに足を踏み入れることはありませんでした。

気になる点は、彼女の髪はロングヘアで髪型も同じスタイルを維持。

新しい髪型に挑戦したり、ボブやショートなど短めにする場合、

日本人の髪質に合わせて調整してくれるのか知りたかったです。

いつも外から見るだけで行く勇気がなかった高級ヘアサロン

 

料金の相場・比較

参考までに私が通っていた美容院の料金を紹介します。

居住地区は南部でも有数の都市でしたが、西海岸や東海岸と比較すると安めの値段設定のようです。

 

カットオンリー $50-70

カット&カラー $100-140

カット&パーマ $150前後

 

美容院によっては髪の長さによって料金の段階が分けて設定されているところもあります。

カラーやパーマを依頼したときはセミロングまたはボブの長さです。

すべてシャンプーは含まれていて、この金額にチップが加算されます。

チップは20%が一般的で、出来栄えにとても満足すればもっとアップすることもできますよ。

 

アメリカの美容院で驚いたこと

美容師のカット技術とは別にアメリカの美容院で日本との違いに驚いたことを紹介します。

出来栄えに比べて料金が高い

値段をどうとらえるかは個人差がありますが、日本に比べて満足する仕上がりになることが少ない割に、高いな~と思っていました。

基本料金に加えてチップも別途必要だったので尚更そう感じました。

チップ文化がない日本で生まれ育った私からすると、

「チップ=サービスの質と出来高によるオプション」というイメージが抜けきれず、

美容院に関しては渋々支払うことが多かったです。

 

シャンプー台がフラットで病院の診察台みたい

日本ではどこの美容院でもシャンプー用のイスはリクライニングになっているでしょう。

私が行った美容院は7~8割は病院の診察台のようなところに自分で乗って寝転がるというスタイルでした。

頭の位置の調整が難しいくらいで、普段はシンプルなシャンプー台でも問題なかったのですが、

妊娠中期以降になると台に上る動作や、仰向けに寝ているのがキツかったです。

 

シャンプー中にフェイスカバーはかけない

そしてシャンプー中にフェイスカバーやタオルはかけません!

顔に水飛び散るのもお構いなしでそのままジャーっと髪にシャワーをかけられます。

慣れれればこんなものか、ぐらいに思いましたが、最初は驚きました。

 

情報収集はとても大事!

日本で働いている美容師の技術は総じてハイレベルで値段もリーズナブルだということがよくわかりました。

キャンペーンや割引クーポンを利用すればカットとカラーで1万円以内というお得な美容院もあります。

 

そして美容院へ行くという目的で一時帰国が待ち遠しい、というのは私だけに限りませんでした。

半年~1年に一度帰国して小ざっぱりしてくる人の髪型を見ては

「やっぱり日本の美容院は素敵!羨ましい!」と皆で口を揃えて言ったものです。

 

現地のレビュー以外にも自分の周りの人の口コミは美容院探しのとても有力な情報源になります。

日本人やアジア人で自分と似たような髪の長さ、やってみたいヘアスタイルの人がいたらどこの美容院に通っているか聞くべきです!

 

「素敵な髪型だからどこでカットしたのか知りたい」と言われて不審に思う人はまずいないと思います。

良い美容院探しをしている&巡りあうのに苦労しているのは自分だけではないので親しくない間柄でも、丁寧に教えてくれます。

参考にヘアスタイルを撮影させてもらいました!

 

気に入った髪型になると、それだけで気分が軽くなったり前向きになれます。

逆の場合だと「アメリカにいるから…」というネガティブな思考になることも。

どうか皆さんが相性の良い美容師さんと出会えますように!

いいね 0
読み込み中...

2 COMMENTS

アバター のりこ

数ヶ月後に夫と共にアメリカ転勤になるため、いろいろと調べていましたが、美容院に関する情報はなかなか見つからず、この記事を見つけたときにはとても嬉しかったです。サロンの違いで料金も変わることがよくわかりました。

返信する
howdy howdy

コメントありがとうございます。
きちんと下調べされてて素晴らしいです!私は渡米前には余裕がなく、美容院のことまで気が回らなかったので現地で技術の違いを初めて知りました。ヘアカットは定期的に通うものですし、料金と仕上がりの満足度の両方に見合うところでお願いしたいですよね…。
引っ越し等でお忙しくなるかと思いますが、お体には気を付けて下さいね。のりこさんのアメリカ生活が充実したものとなりますように!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。