記事を投稿してギフト券をもらおう!

【アメリカ駐在】海外での出産祝い・内祝いに何を贈る?

アメリカでも出産祝いを贈る習慣はありますが、その方法や贈る品物は特徴があります。

駐在時代には周りに実に多くの人が妊娠・出産し、お祝いに何を贈ればよいのか頭を悩ませたものです。

私自身も出産を経験して、交流のある人々がちょうど同じような年代だったことも影響していると思います。

今回はアメリカの出産祝いと内祝いについて、現地のシステムや日本人同士のやり方を踏まえながら紹介していきます。

 

出産祝いの贈り方

産前にレジストリーから選ぶ

ベビーの親がウェブサイトで欲しいものリストを作成し、そのアドレスを知り合いに教えます。

欲しいものだけがずらりと並んでいるのでどれを選んでも外しません。

金額も幅広く登録されているはずなので、自分の予算に合った品物を贈ります。

ただ、早い者勝ちなので自分より先に誰かがその品物を送ってしまった場合はリストから消えてしまいます。

後に残っているのは大体高額なものばかりです。

渡し方は購入者の自宅に届けてもらった後で直接贈るか、注文時に登録者の住所に配送してもらうか選べます。

遠隔地に住んでいる親戚や友達も気軽にお祝いできます。

 

個人的に選んだものを贈る

誰かに贈り物をするときは何を贈ろうか考えたり、吟味している時間も楽しいものです。

頂く側としてはその人のセンスで選ばれたギフトは、自分では買わないような意外性があって楽しいです。

こんな便利なグッズがあるのね!と感心したことも。

姉兄がいるベビーなら上の子にも配慮したギフトが喜ばれます。

実際、第二子を出産したときは上の子にもギフトを用意して下さる方が多くて、とてもありがたかったです。

 

ベビーシャワーに出席して贈る

ベビーシャワーは日本でも広まっていますね。妊娠後期に妊婦の友人、知人がお祝いパーティーを開きます。

ベビーと妊婦の健康と安産を祈って、みんなで楽しくベビーをお迎えしよう!

という意図があるそうです。アメリカでは基本的に一人目のベビーのみなのだとか。

初めての出産準備となると出費も多くなってしまいます。

親が用意する負担を軽くしてみんなで必要なものを贈り合おう、という目的もあるようです。

メモリアルグッズ

ベビーシャワーに出席する場合、参加者はそれぞれ妊婦に対して贈り物を用意します。

直接本人にリクエストを聞くのも、レジストリーから選んで贈るのも、個人的に選んで贈るのもOKです。

ダイパーケーキやベビー服は定番で、メモリアルグッズも面白いアイディアのものがたくさんあります。

贈られたギフトはパーティーで妊婦が開封して、誰が何を贈ったのか当てます。

日本人ばかりのベビーシャワーでは連盟のギフトが多かったです。

おそらく品物や金額の差異をなくすためだと思います。

 

内祝いの贈り方

アメリカは日本のようなきっちりした内祝いはしない人が大多数です。

ベビーシャワーに出席してくれた人にはパーティーの後でプチギフトを渡したり、

個人的にお祝いしてもらった場合には産後にバースアナウンスメントカードと一緒にお菓子を添えてお礼というのが一般的だそう。

ShutterflyやMintedがメジャーです。

ベビーシャワーを開いてもらった場合

ベビーシャワーはどの程度のお返しをするかは個人差がありますが、

大体$10前後のギフトバッグを用意してたように思います。

中にはたくさん招待して盛大にお祝いしてもらって、

お返しのギフトがBath&BodyWorksのハンドジェルのみって人もいました。

お国柄が違えば文化や考え方が違うものだと実感しました。

 

日本人同士の場合

個別にギフトをもらったら日本の習慣で半返し、という方が多いです。

ベビーシャワーであれば出席者全員にプチギフトを用意します。

中にはベビーシャワーもお祝いしてくれて、更には産後にも何か贈ってくれる方も…そのような場合は、また別のお礼をする方が無難です。

 

日本からの家族、親せき、友達からもらった場合

日本のインターネットで内祝いの商品を注文して贈ります。

これは日本で出産するときと変わりませんね。

一時帰国が近ければ、帰国時にちょっと良いお土産を選んで贈るという方法もあります。

 

実際にアメリカで贈ったor頂いたギフト

出産祝い

ダイパーケーキ、授乳クッション、ベビー服、ビブ、離乳食グッズ、

ブランケット、フォトフレーム、おもちゃ、絵本、バスグッズ

クリブシューズ、おむつ、キッズソングCD、ギフトカード

離乳食が始まってからのグッズは買ってなかったので嬉しかった!

クラシックな雰囲気のベビー用品を揃えるならPottery Barn Kidsはアメリカ人にも大人気です。

服ならCarter’s、Gymboree、Gap、Ralph Lauren、Janie&Jackでしょうか。

個人的に嬉しかったのはクリブシューズとキッズソングCDです。

靴文化のアメリカは新生児から履ける小さな可愛い靴が豊富です。

靴は立ったり歩き始めてから…という日本人の概念とは違って面白いです。

アメリカで親しまれている童謡も私には馴染みがないので、これからベビーと一緒に覚えていけて良いと思いました。

靴みたいに飾りのついた靴下

そしてベビー服、絵本、おもちゃなども選ぶ人のセンスとアイディアがつまっていると感じます。

現実的にありがたいのはなんと言ってもギフトカード!

ターゲットやトイザラス(現在、アメリカのトイザラスは閉店しています)など

手軽に使えるギフトカードは新米ペアレンツの買い足しに有効活用させていただきました。

 

内祝い

チョコレート、マカロン、ハーブティーや紅茶ギフトセット(Harney & SonsやTea fortē)

SUGARFINAのBABYロゴ入りギフトボックス、ホノルルクッキーカンパニーのギフトクッキー

ヨックモック(Sacks 5th AvenueやNeiman Marcusのオンラインで購入できる)

LOLLIAやTOCCAのハンドクリーム、ウィリアムズソノマのグッズ、バスグッズ

このシリーズは匂いが素敵で家事が楽しくなります

圧倒的に食べ物系が多いです。基本ギフト用ボックスに入っているものを選びたいですが、予算に合うものが見つからない場合はギフトバッグに詰め合わせにしていました。

アメリカ式ギフトバッグは紙バッグと薄いギフト用の紙があれば手軽に作れます。

見た目もお洒落で最初に見たとき、なんて可愛いんだろう!って驚きました。

定番のGODIVAや地元のお洒落なお菓子屋さんのギフトセットが多かったです。

 

大切なのはお祝いする気持ち

 

いくつかの例を挙げてみましたが、肝心なのはお祝いする気持ち、感謝の気持ちだと思います。

心からベビーの誕生を喜んでいること、お祝いしてもらって嬉しいということが伝われば、それが一番です。

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。