記事を投稿してギフト券をもらおう!

上海土産の定番「中国茶」はどこで買う?駐妻さん行きつけのお茶市場~天山茶城~

一時帰国の時、どんなものを買って帰るか悩む駐妻さんも多いと思います。

これまでにたくさんの市場を紹介しました。上海には色んな問屋さんの集まる市場があり、日本では考えられないほどお安くで手に入ります。

上海にどんな市場があるかのまとめ記事はこちら↓

上海にどんな市場がある?安くて楽しいお買い物(食器市場編)

また、観光客はほとんど来ることがなく、地元の人や小売り業者が買いに来る市場となっていて、その安さを知ってしまうと、ショッピングセンターやスーパーって高いんだなぁと思うこともあります。

今回は、一時帰国のお土産探しにもお薦めの「お茶市場」について、私の行きつけのお茶屋さんもご紹介します。

日本人駐妻さんご用達「天山茶城」でお茶を買う!

上海にいくつかお茶市場がありますが、ここをお薦めするポイントは、

  1. 国家専業茶葉卸売市場として中国茶葉流通協会も認めた市場である
  2. 「天山茶城」は、市内からわりと近い場所にあります。
  3. 市場の規模もさほど大きくないので、見回りやすいです。
  4. なんと言っても店によっては、日本語が通じるところがある!
  5. 茶葉だけでなくお茶関係グッズも売っています。

アルバムを見返しているとたくさん写真を撮っていたので、写真と共に詳しく説明してみましょう。

1、天山茶城の行き方

住所 上海市長寧区天山中山西路518号

最寄り駅 地下鉄3、4号線延安西路駅、2号線中山公園駅、楼山関路駅ですが、駅からは少し距離があるので、タクシーをお薦めします。

もし駅から徒歩で行く場合は、楼山関路駅1番出口を出て大通り天山路を東向きに歩き、1つ目の交差点を左折、玉屏南路を右折して東向きにまっすぐ歩くと、高架道路の手前左手にあります。徒歩13分。

行きは、頑張って歩いて、帰りはタクシーでもいいかもしれません。

2、1~3号館まであるけど、どこがいいか?

ズバリ!1号館がお薦めです。

時間がたっぷりある人は、端から端まで全部見て廻ってもいいかもしれません。

お店は、似たり寄ったりなので、店選びに迷ったなら、日本人駐妻さんのよく行く店を目標にして行くといいと思います。

1号館の1階は、茶葉コーナー、2階は、茶器コーナー、3階は、高級茶器、骨董品コーナーになっています。

3階は人気も少ないので、1階と2階だけでも楽しめますよ。

3、私のお薦めの店「香蘭茶業」

初めは、先輩駐妻さんから教えて頂き、その後、私もアテンドでこのお店に連れて行っています。

お店はこじんまりとしていますが、お店のお姉さんは、とても優しく、片言ですが、日本語ができるので、安心です。

気になるお茶を見つけたら試飲させてもらえますよ。

リクエストした花茶も試飲できます

何も言わなくても、色んなお茶の紹介があります。

お点前拝見!

お湯が湧いたら、茶器の上からお湯を掛けます。殺菌効果や、茶器を温める役目も。

洗茶と言って最初の一煎目はお湯を捨てます。

正式にお湯を淹れたものは、フタをして蒸らします。

このお店のお薦めのお茶を紹介してもらいました

ミルクの味がするお茶、日本人駐妻さんに大人気のフルーツティ、鉄観音、龍井茶、普洱茶、高級烏龍茶の大紅袍など、知らないお茶もたくさんありました。

ひょっとしてたくさん試飲させて何か買わせようとする戦略だった?(笑)

色んな味のお茶を飲むと、それぞれ味わいが違い、お茶って奥深いんだなぁと感じます。

この店では、茶葉を1回分ずつ小分けにして真空パックにしたものもあり、大きな缶に入ったお茶でも、50g単位で計って販売してくれます。

1回分×10個入っているので、色んな種類を混ぜてプレゼントするのもお薦め

たくさん買って余っても、お茶は冷凍保存できますよ。

中国人は、毎日烏龍茶を飲んでいるイメージがありますが、飲んでいません!!地方によるのかもしれませんが、基本は緑茶を飲んでいます。

しかも夏でも冷たいお茶を飲みません!!中華料理は油っこいものが多いのと、身体を冷やすのを嫌う中国人は、1年中温かいお茶を飲みます。

夏場は、緑豆のお茶、スープやおかゆに緑豆を入れて食べます。緑豆には、熱をとる効果があるそうです。

花茶のお味は、茉莉花茶(モーリーファーチャー)ジャスミンです

最初に入れた花茶もキレイに花が開きました。けれど、すでにお腹いっぱい(^-^;

1杯は少量ずつでも、何種類も飲むとお腹がタップンタップン!!

お手洗いに行きたくなったら、この店を出て右の外に出るとあります。

和式ですがわりとキレイにお掃除されている感じがしました。

でも、肝心の荷物を掛けるフックがないので要注意!!

かゆい所に手が届かないのが中国あるあるです。

その為、荷物が多いとめっちゃ大変( ゚Д゚)

置く所がないので一人の時は、困ります。

複数で来ている時は、お友達に荷物を預けて行った方がいいと思います。

こんな大きな茶葉の固まりを見ると、お茶の本場、中国にいるんだなぁと実感させられます。

試飲は全て無料ですし、気兼ねなくリクエストしてみてください。

4、茶葉以外にどんな物が買える?

このお茶市場は、一時帰国の時期が近づくと、日本人駐妻さん達もちらほら見かけるようになります。

お土産に茶葉を買う方も多いのですが、他にもお茶請けにお薦めのお菓子やお客さんにおもてなしの為の茶器も購入できます。

以前、ママ友の家に遊びに行った時に、ミニトマトを乾燥させてポテトチップスのような感じのお菓子が出て来て、パリパリで甘酸っぱくてめっちゃ美味しかったのを覚えています。どこで買った?って聞いたら、このお茶市場だったそうで、いつかまた買いに行きたいなぁと思っている所です。

また、海外赴任の荷物にお客さん用の茶器なんてわざわざ持って来た人は、少ないと思います。かくいう私もそうだったのですが、当時駐妻さんの間で、フルーツティが流行っていて、そのお茶に合う茶器も流行っていました。

このガラスの茶器は、熱いお茶を入れても、持っても熱くないのでお薦めです。

スーパーの食器売場にも売っていると思いますが、このお茶市場で買うと破格です。確かグラス1客6元≒120円(当時のレートで)ほどでした。(ティーポットは日本で購入したもの)

6客セットで36元でしたが、負けてもらって35元≒420円にしてもらいました。(単品売りも可能です。)

安いので割れてもあまりショックにならないのがいいです(笑)

フルーツティは、ハイビスカスやローズヒップ、ドライフルーツが入ってて、ほんのり甘いお茶です。見た目も華やかで、美容にもいいので、ぜひ購入してみてくださいね。

覚えておくと便利な中国語

「可以尝一尝吗?」「kě yǐ cháng yī cháng ma?」

「クーイーチャンイーチャンマ?」
「味見(試飲)できますか?」
気になるお茶を見つけたら、聞いてみてください。
飲んで美味しい時は、「好喝hǎo hē」「ハオフー」、
いい香りの時は、「好香hǎo xiāng」「ハオシャン」ですよ。

 

 

 

 

 

 

いいね 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。