記事を投稿してギフト券をもらおう!

カンボジア駐在のここが大変、、、家族4人でプノンペンに駐在。

私は3年前に、夫の仕事の都合でカンボジアに駐在することになり、小学生の娘と中学生の息子と共に首都プノンペンにやってきました。

カンボジア駐在が決まった時、私の母は「内戦が終わったばかりだし、地雷とかまだまだ埋まっていて危険なところだから、行くのをやめたら…」と言っていました。

日本にいるとカンボジアの情報があまり入ってこないので、歴史のイメージしか思いつかないですよね。

カンボジアに駐在が決まりそうな人、もう既にカンボジア行きが決まっている人へ、カンボジアについて少しだけ予備知識をお伝えします!

まずカンボジアについて、どのようなイメージを持っていますか?

「貧乏で汚い…」といったイメージでしょうか。

 

街並みが汚くて臭い…

私が来た当初は町中にゴミが溢れ、暖かい気候が相まって、いたるとこで腐敗したゴミのひどい悪臭が漂っていました。

黒いヘドロのどぶ川が流れていて、オエっとくるような酷い臭いが鼻を刺して「あー外出るの嫌だ、引きこもってやるー!」と思っていました。

ところが、ここ最近「ゴミは決まった場所に捨てないと罰金」といった行政の取り組みがなされたり、ごみ収集車が頻繁にごみを回収し始めました。

ポイ捨て上等の住民の意識が改善されつつあり、だいぶ街がキレイになって来たように感じます。

 

移動はトゥクトゥク!

カンボジアの主な移動手段は、東南アジアでよく見かけるトゥクトゥクと呼ばれる3輪タクシーです。

以前は流しのトゥクトゥクを呼び止めて、行き先を伝えて値段交渉までしなければならず、外国人の私たちはよくぼったくりの被害に合っていました。

ぼったくりにあった時が、カンボジアを嫌いになる瞬間No.1でした。

現在はGrabやPassappなどの配車アプリを利用することができます。

乗る前から運賃が一目瞭然で、GPS機能もついているので安全安心です。

何よりも地図の読めないドライバーが、道に迷うこともなくちゃんと目的地に到着できます。

これが奇跡的な進歩です!

運賃は1km=1ドルくらいですので激安です。

 

言葉の壁…

カンボジアでは、クメール語が公用語です。クメール語は独特な言葉で、話しかけられたところで全くヒントがなく、何を言っているのか想像すらできません。

文字はク~ルク~ルした形の絵文字のようで、解読不能です。

何が何だか訳が分からなくて「生活するのムリだな、、」と落胆しそうですが、、、

意外なことに、カンボジアではほとんどの場面で英語が通じます。

マーケットなどのローカルな生活圏に踏み込むことが無ければ、コミュニケーションで苦労することはほぼありません。

最後はジェスチャーで何とでもなってしまうのは、世界共通ですね。

 

ひったくりに注意!

カンボジアで最も気を付けなければならないのは、貧富の差が引き起こす社会問題として、治安の問題があります。

はっきり言って、危険です!

昼夜問わず、街中での引ったくりには警戒が必要です。

特にスマホを片手に街を歩いていると、バイクに乗った2人乗りの若者が近づいてきて、すれ違いざまにひったくられてしまいます。

私も2回、ひったくりに合いました…

道端で配車アプリを操作している時が狙われやすいです。

ひったくりにあった際に、身体ごと引きずられて大けがをした奥様の話も1度や2度ではありません。

ちょうど先月、中国人のビジネスマンがトゥクトゥクに乗車中にスマホをひったくられ、弾みで車道に転げ落ちてしまい、後続車に轢かれて亡くなった事件がありました。

外国人は常に狙われています。

街中では、スマホはカバンから出さない!と心得ておくと良いと思います。

 

住めば都?

これだけ聞くと、「カンボジアの駐在生活、最悪だな…」とがっかりするかもしれませんが、住めば都なのも現実です。

人懐っこい陽気なカンボジアの人々と、常夏の暖かい気候が、溜め込んだストレスや疲れから解放してくれるのを感じることができるでしょう。

カンボジア駐在、私はおすすめします。

1 Star 0
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。